職人

CRAFTSMAN
若手職人の絶望日記 第十二話「職人、学校祭へ行く」

若手職人の絶望日記 第十二話「職人、学校祭へ行く」

京都の若手漆職人による絶望と笑いの人気エッセイ。職人が北海道のゲストハウスで出会い親しくなった少年。そんな少年の学校祭の知らせを聞き、日本列島最北端の美術工芸高校へ行くことになったのだが・・・

7 Feb 2024 エッセイ / 北海道 / 職人
若手職人の絶望日記 第十一話「職人、小屋を借りる」

若手職人の絶望日記 第十一話「職人、小屋を借りる」

京都の若手漆職人による絶望と笑いの人気エッセイ。漠然と夢見ていた夕日が見える作業小屋を実現するため職人が動き出す。笑いの予感漂う絶望日記の新章が幕を開ける。

19 Aug 2023 エッセイ / 京都府 / 職人
孤独も愛する器 erakko ブランドムービー

孤独も愛する器 erakko ブランドムービー

絶望日記のエッセイでおなじみの柴田明さんが手がける漆器ブランド「erakko」のブランドムービーを制作しました。職人の撮影を数多く手がけている映像制作独楽とのコラボレーションです。

23 May 2023 京都府 / 職人
若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」

若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」

漆芸の洗礼ともいえる漆かぶれから復活したパリ娘は、師匠の指導のもと器の金継ぎ修理を順調にこなしていた。しかし若手職人にはパリ娘が使用している筆について気がかりなことがあるのだった・・・

150年続く松本箒の今とこれから

150年続く松本箒の今とこれから

江戸時代慶応年間から松本市の野溝地区を中心に盛んに行われていたほうき作り。今回は、伝統を守りながらも枠にとらわれず、ほうき作りに新たな可能性を見出す「米澤ほうき工房」の米澤資修さんにお話を聞きました。

9 Feb 2023 民藝品 / 職人 / 長野県
新商品発売記念 柴田明インタビュー

新商品発売記念 柴田明インタビュー

「若手職人の絶望日記」でおなじみの柴田さんが手がけるアウトドア漆器ブランドerakkoから待望の新商品が発売された。いつもはおちゃらけたように見える柴田さんに、今回はものづくりのお話しを真面目なトーンで語っていただいた。

14 Dec 2022 京都府 / 北海道 / 職人
若手職人の絶望日記 第九話「漆芸の洗礼」

若手職人の絶望日記 第九話「漆芸の洗礼」

フランスの工芸学校に通うパリ娘が、漆工房にてインターンシップ生として学び始めた。言葉が通じない環境ながら金継ぎの修行に励む中、漆芸の洗礼とも呼ぶべき災難がパリ娘に忍び寄っていた・・・

時代をこえて信州に息づく松代焼

時代をこえて信州に息づく松代焼

長野県・篠ノ井。江戸時代後期に松代藩で始まり、一度は途絶えた「松代焼」。この焼き物を復活させた唐木田又三さんの意志を継ぐ、息子の唐木田伊三男さんを訪ねました。

24 Aug 2022 民藝品 / 職人 / 長野県
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ほうき / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 刺し子 / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 書道 / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染物 / 染織物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / / 美術 / 蜻蛉玉 / 裂き織り / 襤褸 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外