TABITOTE

桃源郷の仙果といわれた桃

桃源郷の仙果といわれた桃

日本の桃の品種改良はものすごい。いかにおいしくするかを追求し続け、独自の改良の末、現在のような美味しい桃たちが生まれています。桃の皮、果肉ともに様々な品種があり、産地によっての特徴もあります。品種改良を続けることで、さらに新しい品種が次々と登場しているのです。

夏、船から始まる北海道への旅

夏、船から始まる北海道への旅

夏休み、どこかへ旅に出かけたくなる旅行エッセイです。京都在住のライター・江角悠子さんにフェリーでの北海道旅行について書いてもらいました。イラストは同じく京都在住のイラストレーター・辻ヒロミさん。さあ、日常から飛び出す旅の計画を立てましょう!

世界のマルシェと日本のさくらんぼ

世界のマルシェと日本のさくらんぼ

海外旅行に行くと必ず訪れるのが市場(マルシェ)です。そこに住む人たちの食生活が見えると、とても親近感が湧いてきます。ヨーロッパでもアジアでも、遠目から山盛りにされた果物を見ると、何か綺麗でオシャレな風景に見えてきますよね。でも実際に近づいて、果物を手に取ってみると、皮はゴワゴワ、傷だらけ、黒ずみがあるものが平気で売られてたりするんです。果物に対する扱い方が、日本と海外では全然違うことが実感できます。

益子陶器市 焼き物の里を歩く

益子陶器市 焼き物の里を歩く

最近は焼き物に興味をもつ若者が増えているみたい。東京のセレクトショップにもお皿やお茶碗が並んでいたりするよね。新宿のBEAMSが民芸店さながらに様変わりしたのには驚いた。そんな焼き物に興味をもちはじめた人たちには、ぜひ益子に行ってみてほしい。毎年、春と秋に開催される益子陶器市は全国でも有数の陶器市で、約40万人の焼き物ファンが集まる一大イベントだ。今回は2017年春の益子陶器市の様子をご紹介する。

MOVIE STORIES ニッポンの職人たち

MOVIE STORIES ニッポンの職人たち

手仕事によってものが作られていく姿は美しい。自分の体のように道具を操り、我が子のように品物に接する。繊細でいて大胆、素早くも精確な職人の手仕事を今回は映像作品でご紹介します。

和紙職人/浜松注染そめ職人/木造建築/線香職人

世界が注目する日本食と松阪牛

世界が注目する日本食と松阪牛

近年、日本食は世界的なブームと言われユネスコの無形文化遺産にも登録されました。なかでも和牛は外国人からの人気も非常に高く、「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」は代表的な日本料理として認知されています。

特に松阪牛は日本三大和牛の一つであり、肉の芸術品と呼ばれ、世界中の高級レストランが使いたがる銘柄牛です。日本の食文化のなかで松阪牛はどのようにして現在のような世界に通用する食材になったのでしょうか。

お菓子 / 和紙 / / 建築 / 果物 / 染物 / 柳宗悦 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 益子焼 / 職人 / 魚介類

北海道 / 秋田県 / 山形県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 山梨県 / 静岡県 / 愛知県 / 岡山県