旅と手

民藝運動で知られる柳宗悦は、日本を「手仕事の国」といいました。日本語には手という文字を用いた言葉がいかに多いか。「上手」や「下手」という言葉はすなわち手の技のことを語り、「読み手」「聞き手」のように動詞に添えて人の働きを表します。

「そもそも手が機械と異なる点は、それがいつも直接に心と繋がれていることであります。機械には心がありません。これが手仕事に不思議な働きを起こさせる所以だと思います。手はただ動くのではなく、いつも奥に心が控えていて、これがものを創らせたり、働きに悦びを与えたり、また道徳を守らせたりするのであります。そうしてこれこそは品物に美しい性質を与える原因でもあると思われます。それ故手仕事は一面に心の仕事だと申してもよいでありましょう。」(柳宗悦「手仕事の国」)

TABITOTEでは日本各地に存在する人の手によって作られた、その土地土地の食べ物や民芸品を取り上げています。手仕事によって作られたものは、そのものを通じて作り手の心に触れ、その土地や人々の生活を知ることができます。そのような旅のガイドブックとしてTABITOTEをお読みいただけるとうれしいです。

Yanagi Muneyoshi, who is known for the folk art movement refers to Japan as the country of handmade.

The point which is deferent between hands and machine is that hands always move with heart. Machine has no heart. I think this causes mysterious work in our handiwork. Hands never work alone. Behind our hands are always our heart and the heart makes us create things, feel happy and obey public morals. This is the cause of giving products beautiful characteristics. Hence, craftsmanship should be called “work of heart”. (a quotation from “A country of craftsmanship” by Yanagi Muneyoshi)

ENGLISH

We offer folk crafts and food made by people living in each region across Japan in TABITOTE. You can touch the heart of producers and learn the life style of the place through those products. We’d appreciate it if you’d enjoy reading TABITOTE as a guidebook like that.

(TRANSLATOR : MAYUMI HASEGAWA)

LATEST STORIES

晩夏のごちそう 枝豆くるみご飯
映画「リトル・フォレスト」にも登場したくるみご飯
追熟する洋梨、しない和梨
洋梨と和梨。どちらも同じ梨ですが、香りや食感が違うのはなぜでしょう。
土と炎のうつわ 備前焼
土と炎がもたらす自然の模様。使い込むほどに味わいが増す経年変化。
桃のコンポートとバニラアイスクリーム
白ワインで甘く煮るだけ。バニラアイスと相性抜群の夏のデザート。
北海道を代表する果物、赤肉メロンのはなし
全国的に有名な夕張メロン。そして作り手の個性が光るメロン。
今日も、京とて長屋暮らし
ライター椿屋の日々に見る、蒸し暑い古都の夏をしのぐ術
桃源郷の仙果といわれた桃
中国で生まれて世界に広まった桃。特に日本では独自の進化を遂げています。
夏、船から始まる北海道への旅
日常から非日常へ。江角悠子の北海道旅行エッセイ。

お菓子 / 備前焼 / 和紙 / / 建築 / 果物 / 染物 / 柳宗悦 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 益子焼 / / 職人 / 魚介類

北海道 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 山梨県 / 静岡県 / 愛知県 / 京都府 / 岡山県