TABITOTEでは、器の金継ぎ修理のご依頼を承っております。欠けたり、割れてしまった器を漆職人が金継ぎでお直しいたします。

金継ぎとは、破損してしまった器を漆で修復する伝統的な技法です。金継ぎといっても、素材を接着しているのは漆で、その表面を金や銀で装飾しています。TABITOTEでは、色漆を用い、赤・黒・白など様々なお色で修復を行うことが可能です。

金継ぎには、「侘び寂び」や「もったいない」という日本人の精神が込められています。愛着のある器を大切に使い続ける文化は、大量消費の時代を過ぎた現在、再び注目されています。ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

料金体系(税別)

  • 欠け・ひび 5,000円程度
  • 割れ 要見積もり(5,500円〜)
  • 点数が多い場合はボリュームディスカウント可能です。

納期

ご依頼状況により前後しますが、概ね1〜3ヶ月程お時間をいただきます。

ご依頼方法

東京都杉並区のTABITOTE STORE IOGIで受け付けております。事前連絡は必要ありませんので、お品物をお持ちになってご来店ください。遠方のお客様は、宅配便での受け付けも行っております。お品物送付の送料はご負担をお願いしております。ご希望のお客様は、下記メッセージフォームからお申し込みをお願いします。

ご相談/お見積もり/宅配便でのご依頼

    LATEST STORIES

    雄勝の硯職人
    東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町の硯職人を訪ねました
    出雲手仕事めぐり
    民藝の文化が根付く島根県出雲地方の手仕事を巡りました
    寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー
    アイルランドの水上飛行場で生まれたコーヒーカクテル
    茨城の栗と落花生
    秋の味覚を求めて茨城県笠間の栗農園を訪ねました
    榛名の梅園
    知られざる梅の産地で、昔ながらの酸っぱい梅干し作りを見学しました
    シェットランドのピート掘り
    ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
    若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
    アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
    MOVIE STORIES うやま工房(房州うちわ)
    南房総で受け継がれる房州うちわ。伝統のバトンが渡されるとき。
    うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
    北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外