備後絣

私の生まれた広島県福山市は、かつて絣の生産が盛んで地域の産業基盤となっていた。明治初期には、この地域で生まれた絣の美しさが評価され「備後絣」として全国各地に広まり、伊予絣、久留米絣と並んで日本三大絣のひとつに数えられるようになった。

小学校の授業では「福山市の伝統産業」として備後絣の歴史を学び、実際に博物館で備後絣に触れたことも懐かしい記憶だ。

かつては備後地方のあらゆる場所で生産されていた備後絣だが、現在では生産を行っているのは2社のみ。今回は、その中の1社「合資会社 橘高兄弟商会」の4代目代表の橘高昌子さんにお話を伺うことができた。

子供のころから備後絣を知っているとはいえ、製造元に足を運ぶことは初めてなので気持ちが高まる。

橘高兄弟商会

そもそも絣ってどんなもの?

備後絣と聞いても実際にどんなものなのかパッとイメージできる人は少ないのではないだろうか。

そもそも絣とは、織物を作る際の技法のことをいう。柄によって白く残す部分を糸でくくり、染め分けた糸を使用して織り上げることで模様を生み出すのだ。

備後絣の歴史は約170年前、広島県東部の備後地方で絣の技術が創案されたことが始まりとされる。昭和30年代になると、機械化、分業化が進み、備後絣はこの地域の主要産業へと発展した。全盛期には、全国の絣生産量の70%を占めるほどに至った歴史もある。

備後絣

国産デニムに受け継がれる技術

絣の素朴な美しさは、経糸と緯糸の模様になる部分を糸でくくり、染料で染めることで生み出される。20以上の工程を経て丁寧に作られる多様な模様は、まさに職人の手仕事である。

古くから備後絣は主に農作業のための労働着として使用されてきた。そういった背景もあり、橘高兄弟商会がある府中市は、今もデニムなどのワーキングウェアの産地となっている。

「今の作業着はおしゃれだから。上下デニム素材で作業着にしている業者さんもあって、やっぱり最近はおしゃれな作業着じゃないと人が集まらんみたいでね。デニムは肌触りも良くて、日常着にできる点でも人気なんよ」と橘高さんは笑う。

備後絣を作る過程にある染色、機織りなどの洗練された技術は、昨今の国内のデニム産業にも受け継がれている。備後絣は、現代に生きる産業の礎にもなっているようだ。

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

孤独も愛する器 erakko ブランドムービー
映像制作独楽とのコラボレーションでerakkoのムービーを制作しました
歴史をつむぐ備後絣
広島県東部の備後地方で生産される備後絣について橘高兄弟商会にお話しを聞いた
若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
150年続く松本箒の今とこれから
江戸時代から続く松本のほうき作りを現代に伝える米澤ほうき工房を訪ねる
新商品発売記念 柴田明インタビュー
erakkoの柴田さんに新商品のコンセプトや製作過程について語っていただきました
若手職人の絶望日記 第九話「漆芸の洗礼」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
繋いで伝える郷土料理ノート「いもみそ」
里芋の産地・新潟県五泉市に伝わる郷土料理
時代をこえて信州に息づく松代焼
江戸時代に始まり一度は途絶えた松代焼について唐木田伊三男さんにお話しを聞く
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ほうき / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染物 / 染織物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / / 美術 / 蜻蛉玉 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外