唐木田窯

長野県・篠ノ井。国道からしばらく坂道を上がっていくと、田園風景の中にたたずむ窯元がある。1973年創業の「唐木田窯」だ。江戸時代後期に松代藩で始まり、一度は途絶えた「松代焼」。この焼き物を復活させた唐木田又三さんの意志を継ぐ、息子の唐木田伊三男さんを訪ねた。

松代焼のはじまり

江戸時代後期、北信濃を治めていた松代藩が、産業振興の一環として奨励した陶器業。それまでは、陶器といえば藩の外から持ち込まれるものに限られていたが、運送手段が整っていなかった当時、遠方から重い陶器を運ぶことは容易ではなかったのだ。そこで、地元の原料で陶器を作れないものかと思案する。求められたのは、きらびやかな観賞用の陶器ではなく、庶民の生活に欠かせない水がめやこね鉢などの実用品だ。

「焼き物を始めるにあたり、当時の人はとても苦労したようです。土器であればたいていどこの土でも作れますが、陶器となるとそうはいきません。釉薬をかけて堅く焼き上げるには1200度以上の高温に耐えられる土でなければならないし、成形するには粘り気が必要。技術があっても、作陶に適した土でなければうまく焼けません。当時の人は松代藩中の土を探し回り、ようやく作陶に適した土を発見。あとは材料の組み合わせで試行錯誤して松代焼を完成させたようです」

唐木田窯唐木田窯

素朴な造形と独特の青緑色

松代焼は、最盛期には20を数える窯が存在し、信州を代表する民窯に発展した。もっとも松代焼と呼ばれるようになったのは後のこと。それまでは寺尾焼や天王山焼というようにそれぞれの窯の名で呼ばれていた。窯によって多少の違いはあるが、特徴は共通する。素朴で力強い造形と独特の青緑の色合いだ。

その色合いは、製造工程よりもむしろ原料に由来する。耐火土は、鉄分を多く含む褐色のもので、唐木田窯からも近い茶臼山で採れる。これに粘り気のある土を調合する。

釉薬は、長野市内の小市地区の山で採れる白土を主体に、木灰、わら灰を調合。松代焼特有の青の発色はこの白土によるものだ。緑色を帯びた部分は銅薬による。本焼きの前に、銅を入れた釉薬の掛け流しによって表現されるうぐいす色だ。この工程は松代焼ならではで、焼く時の温度が低いと鮮やかに発色しない。

工房内の棚に陳列する当時の作品を手に取りながら、伊三男さんは言う。

「江戸時代の職人は手先が器用でセンスもいい。徳利の口の部分を見ても厚さが絶妙で野暮ったさがない。当時は質素でも、繊細な感性を培うゆとりがあったのでしょう。創作というものは時間に追われてばかりだと良いものはできないですからね」

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

時代をこえて信州に息づく松代焼
江戸時代に始まり一度は途絶えた松代焼について唐木田伊三男さんにお話しを聞く
繋いで伝える郷土料理ノート「ずんだ餅」
枝豆の美しい緑色と風味を楽しむ宮城県の郷土料理
若手職人の絶望日記 第八話「パリ娘と金継ぎ」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
繋いで伝える郷土料理ノート「冷や汁」
宮崎県の平野部で暑い夏に食されてきた郷土料理
若手職人の絶望日記 第七話「職人とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
全国シェア9割を誇る「奈良墨」の魅力に迫る
日本最古の製墨会社である奈良県奈良市の古梅園を訪ねました
繋いで伝える郷土料理ノート「深川飯」
かつて東京・深川地区の漁師が食べていた漁師飯であり家庭の味
京扇子を陰で支える高島の扇骨
国内シェアのほとんどを占める滋賀県高島市の伝統工芸「高島扇骨」
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 蜻蛉玉 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外