向井詩織

ブロックプリントとの出会い

はじめまして。ブロックプリンターの向井詩織と申します。私は西インドにあるブロックプリント工房で布を染めている、工房初の外国人職人です。

この工房を初めて訪れたのは5年前。当時、世界中を旅していた私は、南米、中米、オーストラリアを経て、アジアを放浪していました。タイからインドに入り暫く経った頃、インド随一のテキスタイル博物館の存在を知り、何と無しに寄ってみたのが運命の岐路。2時間ほどの鑑賞を終え、出口に着く頃には呆然自失となっていました。動く気力もなく、博物館の門の前に座り込んでしまったことを覚えています。(その間、何人のトゥクトゥクドライバーに話しかけられただろう。)

2日後、もう一度訪れてみるも、やはり放心。さらに後日、念のため、もう一度だけ見ようと思い、再々訪問。結果は変わらず、トランス状態。インドの布の世界に足を踏み入れようと決意した瞬間でした。

その後は、西インドの各地に点在する布の工房を訪ね、現在お世話になっているブロックプリントの工房に辿り着き、その技術を学ばせていただけることになりました。

テキスト・写真:向井詩織

インドの西の果て、カッチ地方のアジュラクプールで天然染料のブロックプリントをしています。本来はムスリムだけ、男だけの工房ですが、テキスタイルアーティストとして単身で乗り込み、従来にない、この技法ならではの模様を表現しています。

SHIORI MUKAI TEXTILE

木型工房木型

道具や染料はすべて自然のもの

ブロックプリントに馴染みの無い方も多いと思いますので、ちょっとだけ、この染色技法のことを説明させてください。

ブロックプリントの「ブロック」とは、主に木版のことを指しています。手彫りで細密な模様が施された木版で、スタンプのように布に染料を押していく、インドの伝統工芸です。一回一回、人の手で隙間なく連続して押すことで、リピートする模様が染められます。

私のいる工房では、染めの工程は全部で16プロセスあります。布の精錬、三重四重にも重ね押しするハンドプリント、全身を使った布の洗い、煮詰め、媒染等、全て人の手で行われています。使用する染料や道具、施される模様は、ほぼ全て自然由来です。

こんな綺麗な模様も、まずはラクダのウンチを砕いて、布の不純物を取り除く液体を作ることから始めます。色々とスゴイでしょ?

アジュラクプールアジュラクプール

染めのために作り上げられた村

工房があるアジュラクプールという村は、比較的新しい村です。

この村の住民は、もともと別の村に住んでいました。しかし、2001年、この地方を襲った大地震により、それまで染めに使用していた川の水質が変わり、それによって染め上がりの色も変わってしまったのです。

住民たちは染色に適した水を求めこの地に引っ越し、驚くなかれ一から村を作り上げました。つまり、アジュラクプールは染めが主軸にある村であり、住民男性の殆どは、染めに関わる仕事をしています。もちろん、学校や売店などもあり、1つの村としても成り立っています。

スフィヤンさん

私は、このアジュラクプール創設の指揮を取った偉人のご子息であり、この地域の文化大使でもある、スフィヤンさん(写真右)の工房で働いています。

基本的に男だけ、ムスリムだけの工房ですが、単独で乗り込み、現地の職人さんと共に、従来にはないブロックプリントならではの表現を模索しています。

世襲制で一生涯をブロックプリント、もしくは染めに従事してきた方も多く、村のそこら辺を歩いているおっちゃんが、凄まじい技術を持っています。娯楽も少なく、週7日働くこともあり、彼らが染める布のクオリティーたるや、到底手作業とは思えないほどに美しく、初めて見た時から心底惚れこんでいます。

しかし、惚れ込んでいるからこそ、この工房にいるために彼らとは違うことをしています。外国人だからこそ出来るブロックプリントがあるはず。

従来は失敗とみなされていた手作業ならではのズレ、かすれ、染めムラなどを、あえてデザインに取り込み、職人さんから賛否両論ある染めを続けています。最初はゴミなどと言われていた表現も、次第にプロダクトに組み込まれ、今ではインド内外で販売されるようになりました。

私は、このブロックプリントという歴史の長い伝統工芸が、未だ可能性に満ちた技法であることに疑いがありません。きっかけがあれば、表現の幅が広がっていくのだろうと感じています。

技術面では、きっと彼らに追いつくことは出来ませんが、そんな卓越した個々の職人が、何か違和感を覚えるような、そしてその中の少数でも、その違和感を布に落とし込んでみたくなるような、そんな作品をこの工房で染め続けたいと思います。

ブロックプリントを購入する

TABITOTE STOREにて向井詩織さんのブロックプリント作品を販売しております。全て一点ものになります。

STOREで購入

ブロックプリント作品ブロックプリント作品ブロックプリント作品ブロックプリント作品

LATEST STORIES

シェットランドのピート掘り
ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
MOVIE STORIES うやま工房(房州うちわ)
南房総で受け継がれる房州うちわ。伝統のバトンが渡されるとき。
山形さくらんぼ農園めぐり
家族総出で出荷作業に追われる山形県のさくらんぼ農園にお邪魔しました
ブロックプリントに魅せられて
西インドの染色工房に単身乗り込んだ日本人女性のブロックプリンター
越後平野の米問屋
お米の美味しさを知り尽くした、お米マイスターの精米工場を見学
ボロシリケイトガラスの世界
見るものを魅了するガラス職人・畠山太雅さんの作品づくりとは
若手職人の絶望日記 第三話「旅する職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外