あなたがもし
「このところ疲れがまとわりついている」
「なんとなく気分がモヤモヤする」
と感じているならば、この場所を訪れるといい――。
今回はそんなお話です。

ログハウス湖

私はこれまで、キャンプをしたことがありません。「虫が怖い」「テントの設営や食事の準備など、やらなければいけないことに追われてリラックスできなそう」……そうしたイメージを抱いていたため、休日にあえてキャンプをするという選択肢がなかったのです。

でも、たった一度の経験で、その想いが見事にひっくり返ることになりました。

先日、富士五湖のほとりにある、とあるキャンプ場を訪れたときのこと。ゲートを潜ると、そこにはフィンランドのログやツリーハウス、テントヴィラが立ち並び、ひとつの“村”のような空間が広がっていました。

まるでムーミン谷のような光景に、胸が小さく踊ります。

写真・テキスト:三橋涼子

ライター、フォトグラファー。旅と喫茶店とクラシックカメラが好き。

INSTAGRAM

ツリーハウス
窓カーテン
テントヴィラ

もちろんここはキャンプ場ですから、日が暮れる前に自分で火を焚かなければなりませんし、ダッチオーブンを使った料理は完成まで2〜3時間かかります。

やはり忙しい……とも言えるのですが、だんだんと日が沈み、空の色が変わっていく中、日常と異なる手仕事をするのは思いのほか楽しいもの。

たとえばホテルに泊まっていると、夕食まで何もすることがない……という時間は、意外と退屈。なんだかんだとスマホを手にしてしまうものですが、森の中という非日常に身を置き、必要にかられてからだを動かしていると、気持ちのよい集中力がやってきて、頭の中がスッとしてくるのです。

ローストコーヒー豆

また、夜が訪れ、焚き火のゆらめく灯りの中で過ごす時間は、その場所をより一層ムーミン谷に近づけます。

“ムーミン谷は、ムーミンたちが美しい自然とともに暮らす、のどかで平和な場所。その谷で一番大きい建物が、ムーミン屋敷であり、一家は、外からやってくるどんなに変わったお客さまでも歓迎します。”(ムーミン公式サイト

そう。私たちはムーミン谷の住人にでもなったかのように、周囲のテントから漏れ聴こえる音楽や笑い声に、思い思いの方法で愉快にくつろいでいる“仲間の気配”を感じ、不思議と安らいだ気持ちになるのです。

炎

確かにちょっぴり騒々しい人もいましたが、それは「ムーミン谷のちょっと変わったお客さま」ですから、まあ、仕方ありません。やがてお客さまたちもムーミン谷の雰囲気に慣れ、ゆったり過ごし始めます。

夜も更けた頃、夕暮れどきにしっかりと動かしていたからだに、眠りはすんなりとやってきます。穏やかなざわめきに包まれ、冬眠するムーミンたちのように深い眠りについたら、翌朝、気持ちのいい目覚めが訪れるはずです。

LATEST STORIES

グランピング×古民家宿
グランピング宿泊施設「GLAMINKA(グラミンカ)」が生まれた理由
香川の郷土料理「なすそうめん」
暑い夏、手軽に作れて食べやすい、身近な食材を使った香川の郷土料理
MOVIE STORIES 夏の手しごと
古くから日本の夏を彩ってきた伝統的な手仕事
知られざる希少桃「ネクタリン」
一般的にはあまり知られていないネクタリンの本当の美味しさ
姫路の本みりんソフトクリーム
シェアサイクル「姫ちゃり」で巡る姫路市内観光
今しか味わえない初夏の味覚
『佐藤錦』や『紅秀峰』など、種類豊富な日本のさくらんぼ
空前のお茶ブームを支える「宇治茶」の世界
老舗茶問屋「北川半兵衞商店」が伝承する日本茶の歴史と魅力に迫る
遠州磐田のマスクメロン
ひと玉に愛情を注ぎこむ。大正時代から代々続く遠州磐田のメロン農園。
うちわ / お茶 / お菓子 / ご当地グルメ / キャンプ / グリーンウッドワーク / 備前焼 / / 和紙 / / 宿泊施設 / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 益子焼 / / / 組紐 / 職人 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 香川県