湖

一人きりで過ごした時間

“コッヘル(アウトドア用のお鍋)に収納して大切に持ち運べる漆器” を作るべく、木工機械と材料をどうにか確保した私。それからは試作を繰り返す日々であったが、成果らしい成果を残せぬままに数か月が経過していた。

ある日、私は自分の将来について想像してみた。2~3年後の私はまだ試作に納得がいっておらず、さらに5年後くらいの私は自分でブランドロゴを作ろうとあがいていた。

いかん、これはいかん。何でも自分でやろうとして物事がうまく運べなくなるのは私の悪い癖だ。まったく進歩していない未来に恐怖した私は、心当たりのある竹浪(たけなみ)さんに連絡をとってみた。竹浪さんとは、”京都市産業技術研究所”という機関に勤めるデザイナーの方である。

数か月前に面識を持った方で、ブランドネームとロゴ作りの助けを求めることにしたのだ。そして、イメージしているブランドを表すキーワードを、思いつく限り列挙して竹浪さんに送った。デザインやブランド運営の知識は全く無い私であったが、コンセプトだけは明確に持ち続けていたのだ。それは、私がそれまでの人生で大きく影響を受けてきた、「一人きりで過ごした時間」に関するものだった。今回はそんな、”erakko”の素となった体験について書かせていただこうと思う。

テキスト:柴田明(erakko)

京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きています。アウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動中。

WEBSITE

自転車とテント

学生の頃から一人行動が好きな私であったが、その想いをより深めたのは24歳で自転車旅に出た時のことであった。私は新卒入社した会社を2年と少しで辞めた。”自転車で日本一周する” という名目で退職願いを提出したが、それは単なる逃げ口上であった。「なんとなく続けるのが辛くなったので辞めます。」とは言えず、その時たまたま読んでいた自転車旅行のエッセイに白羽の矢が立ったのだ。当時の交際相手に、「自転車で日本一周でもしようかなぁ、、、。」とつぶやくと、「絶対にすべき!」という思わぬ後押しを受けて引き下がれなくなった感も無くはない。

自分の言葉に追い立てられるように退職したのは梅雨も明けきった7月後半で、「大人の夏休みや!」と自転車旅の準備を整えていた。しかし、会社を辞めたことで世間とのつながりを失ったような疎外感は日を追うごとに増していった。そんな漠然とした不安もあってか、出発まであと数日と迫った9月中頃に風邪で高熱を出して丸三日間も寝込んでしまったのである。その三日間、夕暮れになると決まって北側の窓の方で一匹の蝉が鳴きだした。秋の気配が近づくなか、周囲に取り残されたかのようなその鳴き声が自分と重なり、布団にくるまりながらひどく哀れみを抱いたものだった。

とまぁずいぶん弱気な告白をしたが、これがいざ始まってみればたまらなく爽快な日々となった。例の交際相手とは出発した日の早朝に喫茶店で待ち合わせて、「じゃ、おたがい良い人生を。」などとクールに最後の挨拶を交わして別れた。「あとで開けてみて。」と去り際に手渡されたお守りを近くの公園で開封すると中には手紙が入っており、それをベンチで読み一筋の涙で頬を濡らすというありきたりな一幕も演じたが、翌日にはキレイサッパリ忘れていたほどだ。

夕暮れ

きっかけはなりゆきのようなものであったが、自転車旅が始まってみれば気づかぬうちに止まっていた人生の歯車が再び動きだしたように感じられた。予算の都合で野宿生活をしていたのだが、その緊張感も良い方に作用したようで、身も心もかつてないほどにシャキッとしはじめた。いつも、「眠そう」とか「ぼーっとしてる」と言われる私もこの時ばかりは、研ぎ澄まされた刃の美しいきっさきによく似たシャープな横顔をしていたに違いない。横顔の真偽はともかく、出発前に感じていた社会的な肩書を失くした心許なさもしばらくすると消え去った。それどころか、朝日とともに目覚めてペダルを漕いで移動し、お腹が空いては食事をして、日が落ちると野宿をするだけの日々のサイクルに、たまらない解放感を見出すようになったのである。なにもない山や海沿いの道で一人きりのんびり走っていると、ただ生きているという手ごたえを強く感じ、笑いだしたくなるほど胸がすくという妙な状態になることもよくあった。

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

消えゆく日本の伝統筆
今まさに途絶えようとしている日本の伝統筆について水彩画家が語る
雄勝の硯職人
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町の硯職人を訪ねました
出雲手仕事めぐり
民藝の文化が根付く島根県出雲地方の手仕事を巡りました
寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー
アイルランドの水上飛行場で生まれたコーヒーカクテル
茨城の栗と落花生
秋の味覚を求めて茨城県笠間の栗農園を訪ねました
榛名の梅園
知られざる梅の産地で、昔ながらの酸っぱい梅干し作りを見学しました
シェットランドのピート掘り
ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外