柴田明

世界規格のお椀

一人でオリジナルブランド作りにいきづまっていた私は、次の一手を考えあぐねる棋士の気分であった。眉間にシワを寄せて食い入るように碁盤を見つめてはいるものの、思考回路はショート寸前。

それでも粘って長考を続けるあまり、口元はカールおじさんばりのうすらヒゲに覆われはじめていた(ような気がする)。

もっと早く誰かに相談していればよかったのだが、私の無駄な孤軍奮闘を月に代わってお仕置きしてくれる美少女戦士が現れることはなかった。

そして私は、自分の碁盤をちゃぶ台のごとくひっくり返した。前回ご紹介したデザイナー竹浪氏に協力を求めたのである。ことごとく人に助けを求めることを苦手としてきたこの私がである。気づけば私の口元を覆っていた”カールおじさんヒゲ”は消失していた。

テキスト:柴田明(erakko)

京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きています。アウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動中。

WEBSITE

おとも椀

それからのブランド作りは破竹の勢いで進んだ。デザイナー氏の導きによってブランドコンセプトは明確になり、製品作りも具体性を増した。

”コッヘル(アウトドア用のお鍋)に収納できる”という部分においても、それまでは自分が旅で愛用していたお鍋のサイズに合わせていた。これも、「アウトドア用のガス缶(OD缶)が収納できるコッヘルのサイズに合わせたらどうですか?」という提案をうけた。

ドーム型をしたOD缶というのは、世界規格のサイズである。そして、そのOD缶を収納できるサイズのコッヘルというのも、多くのメーカーで製造されている。

つまり、それらにサイズを合わせたお椀を作れば、各メーカーのコッヘルに対応した世界規格の商品ができるというのだ。なんということだ。これがワールドワイドな視点というやつか。

次のページに続く)

LATEST STORIES

シェットランドのピート掘り
ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
MOVIE STORIES うやま工房(房州うちわ)
南房総で受け継がれる房州うちわ。伝統のバトンが渡されるとき。
山形さくらんぼ農園めぐり
家族総出で出荷作業に追われる山形県のさくらんぼ農園にお邪魔しました
ブロックプリントに魅せられて
西インドの染色工房に単身乗り込んだ日本人女性のブロックプリンター
越後平野の米問屋
お米の美味しさを知り尽くした、お米マイスターの精米工場を見学
ボロシリケイトガラスの世界
見るものを魅了するガラス職人・畠山太雅さんの作品づくりとは
若手職人の絶望日記 第三話「旅する職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外