養豚場

愛知県にほど近い静岡県浜松市にこちらの養豚場はあります。1968年に社長の鈴木さんが、母豚3頭から養豚場を始めました。現在では、母豚180頭で年間3500頭を生産する規模にまで拡大しています。社長のモットーは「いつも食べる豚肉は、おいしくて”あたりまえ”。からだの栄養になる豚肉は、安心・安全が”あたりまえ”。本当においしい豚肉は、餌からこだわって”あたりまえ”」です。

豚の一生は、とても短い。生まれてから約半年で、体重100kg近くにまで成長し出荷されてゆきます。今回は、成長過程を順を追って見せていただくべく、養豚場内に入らせていただきました。外部からの感染を防ぐ為、許可無き者は入れません。白衣を着て長靴を履き、いざ豚舎へ。

母豚舎

最初は母豚舎。生産の源である母豚は、年に2〜3回の出産を繰り返すことができます。この整然と並んだ母豚たちは、子豚が離乳してから、早いものでは4~5日で、次の子豚を宿す準備ができます。だから母豚の出産に関わるケアはとても重要になります。妊娠中のケア、出産時のケア、産後のケア。環境も大切、室温も大切、栄養管理も大切。すべて人の世話によって成り立ちます。現在でもとても清潔な母豚舎でしたが、より良い環境作りとケア充実の為に、コンクリート作りの最新の母豚舎の建設が行われていました。

保育の部屋子豚子豚

こちらは保育の部屋。部屋は暖かい温度に保たれています。豚の乳首は14個位あって、上の方ほどたくさん乳が出るそうです。子豚は15頭ほど生まれますが、その時点でも大小があります。先に生まれたものや、強いものが、出の良い乳を占領してゆく。良い所を占領できる子豚はますます大きくなる。自然界では、そのようにして淘汰が行われ、弱者は死んでゆく運命にあります。しかし養豚場では、皆ができるだけ同じ大きさに育つよう人間の手を加えてゆきます。小さなものにはミルクを与え、強いものは早く育ち過ぎないように。

離乳舎

続いて離乳舎です。3週間位で親豚を離れ、子豚達だけの小屋に移されていました。つまり、一定の期間で親豚から離してしまうわけです。ここでも人の手によって、自然に離乳を待つわけではなく、離乳食を与えて強制的に親離れをさせるのです。今までは暖房完備のぬくぬくの部屋でしたが、ここからは外気温と一緒です。丈夫に育っていただきましょう。決まった時間の餌と水。ここからの育ての親は完全に人になります。

飼育舎
飼育舎

最後に飼育舎。生後10週位になると、同じ大きさの若豚毎にかなり広めの場所で飼われます。餌を食べること食べること。何せ半年で100kgになるんですから。

これだけ短期間に多くの餌を食べる豚だからこそ、その餌にこだわることが、とても大切なのだと社長は話します。餌には、抗酸化剤・防カビ剤・防腐剤を一切使用していません。トウモロコシ、米、大豆カスが中心ですが、ここにビタミンを加え、他に余計なものは加えない。そして豚にストレスがかからないよう、豚舎はとても清潔に保たれています。日に日に大きく育つ豚は、生後約半年で出荷の日を迎えます。

社長

社長の餌へのこだわりは、さらに極められ、自ら餌の原料まで作り始めてしまいました。畑1.5ha、田んぼ8haをできるだけ農薬を使わずに、米などは特別栽培で育てています。

こだわりの餌と日々の愛情を注がれて育った豚は、誰が食べてもおいしい豚肉に仕上がります。現在飼育している豚は「浜名湖そだち」という銘柄豚。何種類かの豚の良いところをとった三元交雑種です。2000年には食肉産業展・銘柄ポーク好感度コンテストの味覚部門で第1位に輝きました。

豚肉の美味しさの肝は保水力です。冷蔵庫で保管している間に水がたくさん出て、焼いたら硬い舌触りというお肉は、保水力がありません。食べた時に口の中に広がる肉汁のおいしさが重要なのです。そして同じくらい重要なのが香り。お肉の香りは、その豚が食べた餌にかなり影響されるそうです。

「浜名湖そだち」の塩ハンバーグ

味付けは、塩こしょうのみ。お肉自体がとてもおいしいので、高級店のハンバーグのような上品な味わいです。

STOREで購入

「浜名湖そだち」のしゃぶしゃぶ

お肉の部位の違いも楽しんでいただけるように、ロースとモモをセットしています。静岡の地元野菜も付けてあります。

STOREで購入

COMMENTS

LATEST STORIES

若手職人の絶望日記 第五話「手作り市と職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
櫛の歴史をたどって(大阪府泉州/つげ櫛)
わが国最古の櫛産地として1500年の歴史をもつ大阪府貝塚を訪れる
タラモアの露を追い求めて
村上春樹に導かれて旅したアイルランドの夏
消えゆく日本の伝統筆
今まさに途絶えようとしている日本の伝統筆について水彩画家が語る
雄勝の硯職人
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町の硯職人を訪ねました
出雲手仕事めぐり
民藝の文化が根付く島根県出雲地方の手仕事を巡りました
寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー
アイルランドの水上飛行場で生まれたコーヒーカクテル
茨城の栗と落花生
秋の味覚を求めて茨城県笠間の栗農園を訪ねました
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / / 木工 / 木櫛 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外