アイリッシュコーヒーは、アイルランドの水上飛行場で乗客の身体を暖めるために生まれたコーヒーカクテルです。

甘みを付けたコーヒーにアイリッシュ・ウイスキーを加え、その上に軽くホイップした生クリームを浮かべます。混ぜずに、冷たい生クリームと温かいコーヒーを一緒に口の中に入れるのが、本場の飲み方です。

動画に登場するシュガーポットは、「鳩の砂糖壺」といって、信州の農民美術を代表する一品です。白樺をろくろで挽き、手彫りを加え、カラフルな色に仕上げます。その素朴さと愛嬌のあるフォルムは、長野県のおみやげ物として、長く人々に愛され続けています。

コーヒー豆
(中深煎り)
14g
アイリッシュ・
ウイスキー
30ml
コーヒーシュガー
15g
生クリーム
40ml

作り方:中挽き14gの豆で180gのコーヒーを抽出する。予めサーバーにコーヒーシュガーを入れてドリップすると早く溶けます。コーヒーにアイリッシュ・ウイスキーを加える。軽くホイップした生クリームをスプーンを使ってコーヒーに浮かべる。

TABITOTE STORE IOGI

2019年6月、東京都杉並区の井荻に実店舗がオープンしました。全国の手仕事の商品を実際に見て手にとっていただける場所になります。併設しているコーヒースタンドでは手仕事にこだわり、一杯ずつ丁寧にお淹れした本格志向のコーヒーをお楽しみいただけます。

T.S.I.特設ページ

COMMENTS

“寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー” への1件のコメント

  1. […] ※『寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー』 […]

LATEST STORIES

繋いで伝える郷土料理ノート「冷や汁」
宮崎県の平野部で暑い夏に食されてきた郷土料理
若手職人の絶望日記 第七話「職人とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
全国シェア9割を誇る「奈良墨」の魅力に迫る
日本最古の製墨会社である奈良県奈良市の古梅園を訪ねました
繋いで伝える郷土料理ノート「深川飯」
かつて東京・深川地区の漁師が食べていた漁師飯であり家庭の味
京扇子を陰で支える高島の扇骨
国内シェアのほとんどを占める滋賀県高島市の伝統工芸「高島扇骨」
手のひらに広がる蜻蛉玉の世界
大阪府泉州地域の伝統的な蜻蛉玉作りを受け継ぐ山月工房を訪ねました
若手職人の絶望日記 第六話「職人、燕三条へ」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
坂城のねずみ大根 収穫編
長野県坂城町の伝統野菜「ねずみ大根」の種まきから収穫まで徹底取材しました
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 木工 / 木櫛 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 蜻蛉玉 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 鹿児島県 / 海外

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。