マスクメロン

温室で育てられるメロンは、食べ頃になると、香料の原料としても使われる麝香――英名をマスク(musk)という――のような上品な香りがすることから、マスクメロンと呼ばれています。

今回訪れたのは、そんなマスクメロンを作っている遠州磐田の農園です。温暖な気候と肥沃な土地、そして清流に恵まれた環境の中にあります。農園から歩いて行ける遠州灘では、海岸線沿いに砂浜が広がり、心地よい海風を感じることができます。

お話をうかがったのは、大正時代から続く農園で、代々メロン作りにいそしむ鈴木さん。特徴ある粘土質の土に目を付けた鈴木さんの祖父が、この場所でメロン栽培をはじめました。

遠州灘
鈴木さん

マスクメロンは、その苗が吸いあげる水分によって甘さや育ちが変わります。そのため地面に直接植えるのではなく、地面から浮かせて作られた”土のベッド”に苗を植え、育てていきます。こうすることで、苗に行き渡る水分量を人間の手で調節することができるのです。

この土のベッドに使われるのは、近くにある田んぼの土。1年に1、2度、わざわざ田んぼから土を運んできて、ベッドの土を入れ替えます。土の入れ替え作業を行わない場合でも、すべての収穫が終わった後に、蒸気土壌消毒を行い雑菌を排除。1~2時間かけて土をリフレッシュさせます。

メロンは積算温度(生育日数の毎日の平均気温を積算した値)を知ることで、だいたいの収穫日が予測できます。季節問わず、ハウス内の温度はほぼ一定に調節されているため、通常、苗から育てた実を収穫するまでに、大体3ヶ月程度かかる見込みです。

温室の中で1年を通して作られるマスクメロンですが、同じ種類の苗を繰り返し使用するわけではなく、1回作るごとに性質の異なるものへと変えていきます。ハウスの中は温度調節はできても、季節によって変わる日差しの強さを調節することはできません。そこで、それぞれの季節に合った苗に変えて栽培しているのです。

鈴木さん苗土のベッド

基本的には、農業組合に頼んでそのときに欲しい種を作ってもらい、それを農家さん側で育てるのが、一般的なマスクメロンの栽培。しかし鈴木さんの場合は、自家採種という方法で自ら種を作り、苗へと育てています。

ではどうやって性質の違う種を作るのか。同じ母体の樹に受粉させる、花粉の組み合わせを変えて作ります。そうすると組み合わせに応じて、1代限りの性格を有する苗が発芽。この花粉の組み合わせを考えて、翌年の季節ごとの種を作っているのです。

こうして種から作り、それを発芽させ、1苗に1玉の立派なメロンを作っていく。メロン栽培の中で培ってきた、長年の経験と自信を持ち合わせた鈴木さんだからこそ、毎年違う性質の種を作れるわけですね。この経験と自信こそが、立派なマスクメロンを作るためには欠かせない要素といえます。

最低25度に保たれたハウスの中は、冬でももちろん温室状態。上着を着て、ちょっと動いただけでも汗が出てきます。そんなハウス内の温度に関しては、コンピュータによって窓の開閉を制御するなど、機械が調節しています。しかし温度以上にマスクメロンの栽培において最重なのは、徹底した水の管理。甘いメロンができるかどうかは、水の管理にかかっているといっても過言ではありません。

さらに毎日の観察を少しでも怠ってしまうと、小さな害虫や葉の病気などが、温室内という狭い空間で一気に広がってしまいます。こういった害虫や病気は、早期発見がなによりも大切です。

均等な大きさ
1玉のメロン
袋

身長の高い子、低い子、人の成長にも個人差があるように、苗の成長にも個体差があります。苗の成長は当然、実るマスクメロンの大きさにも影響を及ぼします。そこで、均等な大きさになるよう育てあげるためにも、人の手によって、苗の時点から背の高さを調節します。

収穫前になると、マスクメロンの表面が変色しないよう、陽避けをかぶせて鋭い日差しから実を守ります。温室という暑い環境の中で、毎日手を抜くことなく根気強く成長を見守り続ける――それが農家さんの役目です。

そして、1つの苗から1玉のマスクメロンの出来上がり。1玉1玉に愛情をそそいで作り上げられたマスクメロン。上品な甘さや香り、とろけるような食感は、他の果物では決して味わうことのできない代物です。

収穫した後のマスクメロンは、しばらく置いて追熟させるのが基本。商品として手元に届いた時点でも、まだ十分に完熟していないものがほとんどです。直射日光を避け、できれば20度~25度くらいの温度で保存するのが理想的で、実についたツルがしおれたり、緑色の皮がやや黄色みがかってきたら、ようやく食べ頃の合図です。

大切な方への贈り物や、自分へのちょっとしたご褒美日として、ぜひ召し上がってみてください。

名人・鈴木さんのマスクメロン

温暖な気候と肥沃な土地、そして清流に恵まれた遠州磐田。磐田の代表「メロックス磐田」を栽培しているメロン作り名人・鈴木さんによる逸品です。

約1.3kg/5,000円

STOREで購入

静岡県産マスクメロン(クラウン)

贈答シーズンを外した時期だけ、特別価格でご提供できます。ぜひ一度、贈り物ではなく、ご自身で召し上がってみてはいかがでしょう。

4月~6月/9月~11月限定
約1.3kg/4,000円

STOREで購入

LATEST STORIES

知られざる希少桃「ネクタリン」
一般的にはあまり知られていないネクタリンの本当の美味しさ
姫路の本みりんソフトクリーム
シェアサイクル「姫ちゃり」で巡る姫路市内観光
今しか味わえない初夏の味覚
『佐藤錦』や『紅秀峰』など、種類豊富な日本のさくらんぼ
空前のお茶ブームを支える「宇治茶」の世界
老舗茶問屋「北川半兵衞商店」が伝承する日本茶の歴史と魅力に迫る
遠州磐田のマスクメロン
ひと玉に愛情を注ぎこむ。大正時代から代々続く遠州磐田のメロン農園。
からくり屋敷の組紐工場
50年以上前の製紐機で作られる、伝統を受け継ぐ組紐製品
今日も、京とて長屋暮らし 春編
ライター椿屋の日々から触れる、古都ならではの花見事情
日本の柑橘類
静岡県で様々な品種の柑橘を育てている農園をご紹介します

お茶 / お菓子 / ご当地グルメ / キャンプ / グリーンウッドワーク / 備前焼 / / 和紙 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 益子焼 / / / 組紐 / 職人 / 農家 / 革製品 / 魚介類

北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県