日本には四季がある。
そして季節と手仕事の関係性はとても深い。
手仕事は、いつも人々の生活の中で続いてきたからだ。
今回は、伝統的な日本の夏の風物詩が生まれる現場を
美しい映像作品でご紹介します。

MOVIE by NIPPON TESHIGOTO ZUKAN

水うちわ職人 家田紙工

明治22年、美濃の手漉き和紙を中心とした卸商として創業した家田紙工。100%天然の素材でつくられた雁皮紙(がんぴし)を使用し、今では人気商品となった「水うちわ」も、実は一時期つくり手が途絶えたことがある。そんな岐阜の伝統工芸品の文化を絶やしてはいけないと、地元の美濃手漉き和紙の職人と県外のうちわ職人に協力を仰ぎ、復活をさせたのが家田紙工だ。その和紙と思えない透明感と美しい色彩に、魅了されるファンは多い。

家田紙工の水うちわ

きめ細やかで光沢がある雁皮和紙を、丸亀の団扇職人が作った骨組みに貼り、天然のニスを塗って仕上げています。全ての素材を昔ながらの天然素材にこだわり、職人の手仕事で作られた水うちわです。

SIZE:W175×H345
PRICE:7,000円STOREで購入

線香花火職人 三州火工

江戸時代に作られ、300年以上もの間、日本の夏の夜を彩ってきた線香花火。しかし近年、安価な中国産の線香花火が輸入されるようになると、国内での生産は一気に減少し、その伝統は一時期途絶えてしまう。そこで立ち上がったのが、東京の花火問屋である「山縣商店」と、老舗の花火製造所「三州火工」。2年の歳月をかけて、何トンという単位の原料の調合を繰り返した結果、純国産の線香花火は見事に復活を遂げた。「大江戸牡丹」と名付けられたその線香花火の美しさに今、多くの人が魅了されている。

LATEST STORIES

京を纏った備前焼
備前で生まれ京都で修行した職人が作る備前焼の今
いにしえの吉野の里より葛のこと
百有余年の伝統の技で作る、昔ながらのほっとできる味
日本人の冬のソウルフード「おでん」
寒い冬には全国を「おでん旅行」してみませんか?
知られざる香川漆器の魅力
カラフルな色漆と独自の伝統技法が魅力の香川漆器にフォーカス
屋久島 苔むす森
映画『もののけ姫』の舞台のモデルになった屋久島の苔むす森
瀬戸の型屋が挑戦する新しいものづくり
歴史ある焼き物の町で型屋が立ち上げたオリジナルブランド
安心して食べられる豚肉の生産
養豚場ってどんなところなんだろう? 豚の成長過程とともに見てみよう。
グランピング×古民家宿
グランピング宿泊施設「GLAMINKA(グラミンカ)」が生まれた理由
うちわ / お茶 / お菓子 / ご当地グルメ / キャンプ / グリーンウッドワーク / 備前焼 / / 和紙 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 香川県 / 鹿児島県