手仕事によってものが作られていく姿は美しい。
自分の体のように道具を操り、我が子のように品物に接する。
繊細でいて大胆、素早くも精確な職人の手仕事を
今回は映像作品でご紹介します。

MOVIE by NIPPON TESHIGOTO ZUKAN

和紙職人 紙のさと

350年の歴史を持ち、江戸時代には水戸藩の専売品として広く愛好された西ノ内紙。あの水戸黄門、徳川光圀が命名し、光圀自身が編纂した『大日本史』にも使われた。4代目の菊池大輔さんは現在も、紙の原材料として日本最高級とも言われる那須楮(こうぞ)の栽培から紙製品に仕立て上げるまでを、すべて手作業で行っている。

紙のさと

茨城県常陸大宮市舟生90

浜松注染そめ職人 二橋染工場

浴衣の取扱量で日本一を誇る静岡県浜松市で、昭和2年の創業以来、「浜松注染そめ」の技術を守り続けている二橋染工場。染料を柄の部分に注ぐ伝統的な染色方法は、表と裏が同じ柄に染まるだけでなく、ぼかしやにじみという独特な表現ができる特徴を持つ。

二橋染工場

静岡県浜松市中区常盤町138-14

WEBSITE

木造建築 伊藤工務店

無垢の木を生かしながら、住む人の日々の生活、その土地の風景と共存する建物をつくり続ける伊藤工務店。岐阜県高山市の古民家から大きな影響を受け、今まで40軒以上の木造建築を手掛けてきた創業者の伊藤寛治さんと、東京でグラフィックデザインを学んだご子息の松太郎さんは、何よりも住む人の心を豊かにする家づくりを大切にしている。柱や梁といった骨組みを美しく見せるデザインは、一目見ただけでファンになる人も多い。

伊藤工務店

長野県諏訪郡富士見町境8603

WEBSITE

線香職人 駒村清明堂

茨城県石岡市で明治時代から100年以上、天然杉100%で無着色の杉線香をつくり続ける駒村清明堂。「原料も動力も、すべて自然の恵み」と、五代目の駒村道廣さんが語るように、樹齢50年以上の杉の葉を水車で動く杵で搗(つ)き、丁寧に粉状にしていく。大量生産できる機械ではなく、水車を使い続けるのは、杉の葉の香りが飛ばないようにするためだ。

駒村清明堂

茨城県石岡市小幡1899

LATEST STORIES

MOVIE STORIES ニッポンの職人たち
日本の伝統的なものづくりを受け継ぐ現代の職人たち
世界が注目する日本食と松阪牛
世界中の高級レストランが使いたがる銘柄牛
make my day 毎日に彩りを添える瀬戸焼
思わず並べたくなる。人と人を繋げる器。
鯖の燻製缶詰 オイルサバディン
ただのサバ缶にあらず。伝統製法が生んだ鯖の燻製缶詰。

お菓子 / 和紙 / 建築 / 果物 / 染物 / 柳宗悦 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 職人 / 魚介類

秋田県 / 長野県 / 茨城県 / 静岡県 / 愛知県