ル・レクチェ

かつては二十世紀梨、今はル・レクチェ

日本の洋梨で一番有名なのはラ・フランスでしょう。山形県が一番の生産地で、その武骨な恰好からは想像できないほどクリーミーな果肉と独特の芳香を持つおいしい果物です。

開花から収穫までの期間が長く、栽培も難しい為、母国フランスではほとんど栽培されていないと聞きます。生食の味を追求する日本だからこそ栽培が広まった果物です。

ラ・フランスよりもさらに見た目を重視される品種で、傷が付きやすくA品を作るのが難しい洋梨がル・レクチェです。こちらの果肉は繊細なメルティング質で滑らか、ラ・フランスとは違った芳香の洋梨です。ラ・フランスが女王様で、ル・レクチェは貴婦人と呼ばれることもあります。

このル・レクチェを約30件の農家さんが耕作している場所が新潟にあります。この集落はかつて二十世紀梨を主に育てていましたが、ル・レクチェに出会って、その魅力に取りつかれ、今ではル・レクチェの有名な生産地となりました。

洋梨農園農園主

今年は新潟の果実が豊作

こちらの樹齢30年ほどの大きな木には、1000玉以上のル・レクチェが実をつけています。農園主の捧さん曰く、今年は豊作で去年の1.5倍位だそうです。柑橘類ほど表と裏の年があるわけではないですが、今年は良く成っているらしいです。

「きっと来年は少ないよ。今年の実の数を減らしてやればいいのかもしれないけれど、木が成りたがっているのだから成らせてあげるさ」

自然に任せるのが捧さんの流儀。こちらの農園は周りの他の農園より、実が大きく育ちます。肌に傷をつけないように収穫まで袋に入れていますが、実が大きくなりすぎるため、通常の大きさの袋では破けてしまうため、ふた回り大きな袋を特注しているそうです。それでも袋はみんなパンパン。きっと育て方に奥義があるに違いありません。教えてくれるはずもないですが。

倉庫大玉の洋梨

追熟しないと美味しくない洋梨

収穫の時期は10月下旬。木になっている実はまだ青く、食べてもガリガリと食感が悪いし甘くない。その昔、食べたらまずかったので捨てておいたら、数週間後、良い香りがしてきて、食べてみたらその美味しさに驚いたという話が残っています。

ル・レクチェはその姿、形、傷の有無も商品の評価になってしまいます。なので、収穫の時に袋から出して初めて、商品価値が分かる代物。そして収穫後は蔵にて保管し追熟を促します。時には暖房をつけて追熟を促進させたりもします。この追熟作業がなかなか難しいのです。毎日毎日、梨の表情を見ながら、約1ヶ月間にらめっこして出荷時期を見極めてゆきます。

追熟とは、デンプン質を果糖やブドウ糖に変える作業。ペクチンがゲル化することによって、甘さと食感の滑らかさが増した状態です。ラ・フランスは熟しても緑のままですが、ル・レクチェはバナナのようなイエローに変化するので、より分かりやすいかもしれません。

新潟県産 ル・レクチェ

洋梨の中でも栽培が非常に難しく、生産量が少ない貴重品種。果肉は緻密でとろみがあり、上品な芳香が漂います。糖度が高いうえに酸味とコクがあり、果汁の多さも魅力です。

<販売時期:11月下旬~12月上旬>

ル・レクチェ 2kg(6玉前後)
PRICE:3,580円
STOREで購入

梨の木梨の木

来年の収穫に向けて準備

収穫が終わると樹に養分を蓄えさせて剪定。

梨は樹勢が強い木です。上へ上へと伸びたがります。また、もうすでに来年の花芽もしていて、この数から来年の収穫量もだいたい予想がつくそうです。収穫が終わったら木に栄養を蓄えてから、上に伸びた枝を切ってゆきます。

また果樹園の中には、まだ苗木という感じの若い木があちこちにあります。捧さんに聞いてみると、色々な新品種の梨の木だそうです。聞いたことが無い名前の梨です。捧さんは、毎年和梨の品種を変えています。

「おいしい梨の方がいいでしょ。新しい梨は実際に育てて食べてみないと分からないからね」

試験場で美味しく成っても、この土地で美味しく成るとは限らない。実際にル・レクチェは誕生したフランスでは、現在作られていません。栽培が難しく、あまり美味しくできなかったからと聞きます。

ところが日本の新潟加茂では、この上なく美味しく作ることができました。洋梨に関しては、ル・レクチェ以上のものに巡り会えていないようで、他の品種を作る気はないと断言するほど自信の品種です。

こうして農家さんは、休むことなく収穫が終わったら、次の年の収穫に向けて準備を始めます。

今年は和梨の甘太という梨を育ててみると、とっても甘く出来ました。今年の最高糖度は、17.8度を記録しています。ちょっとまだらな表情が特徴の見た目ですが、果肉は柔らかく食味が優れています。来年から販売できると思いますので、お楽しみに。

COMMENTS

LATEST STORIES

若き職人がつなぐ手漉き和紙の伝統
紙の町・愛媛県四国中央市で手漉き和紙の技術を継承する多羅富來和紙を訪ねる
若手職人の絶望日記 第十二話「職人、学校祭へ行く」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
伝統をアップデートするKUONの服づくり
日本の伝統文化を感じさせるファッションブランド「KUON」の世界観に迫る
若手職人の絶望日記 第十一話「職人、小屋を借りる」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
孤独も愛する器 erakko ブランドムービー
映像制作独楽とのコラボレーションでerakkoのムービーを制作しました
歴史をつむぐ備後絣
広島県東部の備後地方で生産される備後絣について橘高兄弟商会にお話しを聞いた
若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
150年続く松本箒の今とこれから
江戸時代から続く松本のほうき作りを現代に伝える米澤ほうき工房を訪ねる
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ほうき / イタヤ細工 / ガラス / キャンプ / コーヒー / ファッション / 備前焼 / / 刺し子 / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 書道 / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染織物 / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 畜産農家 / 皮革製品 / 益子焼 / / / / / 組紐 / / 裂き織り / 襤褸 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 陶磁器 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外