さくらんぼ

大人気の果物ギフト

「切ったり剝いたりの手間がない」「甘酸っぱい」「柔らかい」「見た目が可愛い」。現代の果物ギフトの要素をすべて満たしているのが苺、そして今の時期ならさくらんぼです。6月下旬から7月上旬の僅かな期間、この赤い宝石であふれている場所があります。全国のさくらんぼの収穫量の80%を超える山形県です。

全国に向けて各農園から家族総出で収穫して発送します。普段は別の仕事をしている家族も、この時期はさくらんぼ詰めを手伝います。その忙しい中、部外者である私は農園さんのひんしゅくをかいながらも、毎年お付き合いのある、さくらんぼ農園を何件か訪ねています。

ナポレオン

山形市のこちらの農園さんは佐藤錦の収穫がまさに終わったばかり。終わったはずなのに、立派な実をつけている木があります。さくらんぼの木はほとんどの品種が自家受粉をしません。こちらの木は受粉の為の木。品種はナポレオンです。このまま、ならせっぱなしで終わりにしてしまうそうです。

佐藤錦という品種は、大正期に佐藤栄助氏が育成した品種。親がナポレオンと黄玉なんですね。だから受粉用の木として相性が良いらしいんです。最近市場では見かけないナポレオンですが、元来食用として売られていたし、缶詰用として重宝されていました。酸味があり、パリッとしていて大粒だし。昨今の甘すぎるさくらんぼに飽きてきた人向けに販売したら売れそうな気がします。

選別作業さくらんぼの選別

さくらんぼの選別

こちらは佐藤錦発祥の地、東根市の農園さん。収穫したさくらんぼの選別をしていました。摘果の程度や育て方により差はありますが、成木になるさくらんぼの実は、1本で5千個以上収穫できます。ただし、そこから商品にできるものを選別していきます。収穫時に選り分け、大きさで選別、傷や色で選別して、残りは残念ながら廃棄されてしまいます。とてもデリケートな果物なので、配送中に傷んでしまうのを避けるためにも、このような選別は重要なのです。

夜ふと立ち寄った居酒屋のカウンター。常連のお客さんが隣で飲んでいました。地方を旅すると、地元の方とお話しをするのはとても楽しいこと。「何飲んでるんですか?」と尋ねると、地酒の日本酒とのこと。お酒の話しで一通り盛り上がると、仕事の話しに。「私は、各地の美味しい食べ物を探して、産直で届ける仕事してます」と言うと、「じゃあここ山形ならさくらんぼだね」「うちの実家はさくらんぼ農園だよ」「うちのは一番だよ」と話してくれました。

彼はさくらんぼ農園の三代目。普段は会社員で、この時期だけ実家のさくらんぼ配送を手伝っているらしい。「最近のお勧めは紅秀峰かな。うちのは紅というよりもっと濃いんだ。一度見せてあげるよ」と言われましたので、次の日農園を尋ねることにしました。

佐藤錦の老木

佐藤錦の老木

地域的には上山地区です。こちらの農園の自慢は毎年豊作が続いていること。道一つまたいだ別の農園が不作の年でも、この農園ではちゃんと成るらしい。果物は空気の流れにも左右される。水はけも重要。農園の場所は命とも言えます。

さくらんぼにとって良い場所。それを象徴するのが、こちらにあった佐藤錦の老木たち。通常30年くらいで収穫量が減って木の代替わりをしていくそうですが、この木たちは爺さんの代からあり、樹齢は50年を超える。しかしまだしっかり実をつけるらしい。樹木の高さも通常の木より高い。収穫には専用の什器が必要だそうです。

紅秀峰

以上は昨年のお話し。楽しみに見に行った紅より濃い紅秀峰は残っていなかった。他の農園とたがわず、選びに選んでこれならいいと思う粒のみだから色も揃う。最後の1セットは、尋ねたその日の早朝に売れてしまったとのこと。今年は見てやろうと思っていたのですが、さすがに東京から訪ねることはできませんでした。

ただ、送っていただいた自慢の紅秀峰は、確かに真紅より濃く粒も色も揃っていた。納得。しかし、悲しい連絡もありました。あの老木は今年収穫量が減り、伐採されてしまったらしい。なんとも残念な話です。一度老木の佐藤錦を味わってみたかった。

来年はこちらの農園の本詰め佐藤錦、および紅秀峰を数セット限りではありますが、ご紹介できる予定です。

(取材日:2019年6月末)

LATEST STORIES

榛名の梅園
知られざる梅の産地で、昔ながらの酸っぱい梅干し作りを見学しました
シェットランドのピート掘り
ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
MOVIE STORIES うやま工房(房州うちわ)
南房総で受け継がれる房州うちわ。伝統のバトンが渡されるとき。
山形さくらんぼ農園めぐり
家族総出で出荷作業に追われる山形県のさくらんぼ農園にお邪魔しました
ブロックプリントに魅せられて
西インドの染色工房に単身乗り込んだ日本人女性のブロックプリンター
越後平野の米問屋
お米の美味しさを知り尽くした、お米マイスターの精米工場を見学
ボロシリケイトガラスの世界
見るものを魅了するガラス職人・畠山太雅さんの作品づくりとは
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外