きらら姫

山梨で出会った「きらら姫」

昨年、山梨県の農園を訪れたとき、ある桃に興味を惹かれました。

皮の色はピンクのまだら模様。虎柄みたいにも見えます。少し小粒だけど濃厚な味の桃です。大きさは260g位で丸く、果肉は乳白色で着色はほとんどありません。樹上で熟した実は口の中でほどけるように柔らかく、甘い果汁がたっぷりでした。

あれは5年くらい前だったでしょうか、こちらの丹澤さんの農園で、「西野白桃」という桃をいただいたことがありました。浅間白桃など主たる品種の桃に比べると少々小ぶり。でもちょっと独特のナッツのような香りがあって甘い。普通の桃は、皮の近くが甘くても種の方は全然甘くなかったりするものもありますが、この桃は中の方まで甘かった。だから食べた後の余韻がとても良かったのです。いつか桃好きな方に紹介したいと思い続けていました。

きらら姫

しかし、この桃は人工授粉が必要だったり、落果が多かったり、色付きも悪いときている。とても栽培が難しい品種なのです。丹澤さんは栽培をやめてしまいました。とても残念だったのですが、昨年農園に行ってみたら、新たな桃に遭遇したのです。食べたら甘く、ナッツみたいな香りもあり、ちょっと小ぶり。これ何?と聞いたら、西野白桃の枝変わりの品種で「きらら姫」という名前の桃だというのです。お気に入りの桃が復活しました。

耕作放棄地

耕作放棄地問題

丹澤さんが西野白桃の栽培をやめてしまったのには、理由がありました。丹澤さんは毎年どんどん畑を増やしています。頼まれて知り合いの園地の桃も育てているようです。日本の農業産地はどこも人手不足。高齢化と後継者不足で離農する方が増え、耕作放棄地が増えています。この放棄地というのは雑草が生え放題となり、害虫の大量発生につながり周りの耕作している畑にまで害を広げてしまう。それもあって近所で頼まれた畑の耕作もがんばってしまう。そうなると手間のかかる桃は育てていられない。わざわざ人を雇って手間のかかる桃を育てても、市場に出回ってない桃はお金にならないから。

西野白桃に比べるときらら姫は、花粉があるそうで人工の受粉をしなくてもよく、裂果も少ない品種だそうです。それでも育てるのには技術が必要だし、市場に出しても知っている人は少ないから売りにくい。それでもまだ、こだわりの品種も作りたいという、桃好きの丹澤さんが意地で作っているように見えました。今一番食べてほしいお勧めの桃です。

ネクタリンネクタリン

主力品種のネクタリンに悲劇が

毎年人気のスイートネクタリンですが、こちらに今年は悲劇が起きています。上の写真のような若桃ができはじめた5月12日、山梨で雹が降りました。たった1日、数分だったのですが、この小さな実に降り注いで、ひとつの畑では9割の桃が出荷不可能となってしまいました(※表面に傷がつき、大きくなるとその部分が人間でいう瘡蓋のように固く茶色くなってしまうので商品にならないそうで、加工用にまわすしかないみたいです)。なので今年のスイートネクタリンは、7月下旬までしかありません。ご希望の方はお早目に。

たった1回の雹で1年間の努力が水の泡。なんて大変な職業なんでしょう。近年の天候不順は、農家さんにとっては百害あって一利なしの状況です。気温が高いことで積乱雲が発生しやすく、この上空との急激な寒暖差が雹を作るといわれています。石のような硬い物が降ってきても、農園はその場所から動くわけにはいかないのでどうしようもない。都会のビルの中で仕事をしている自分からすれば、想像もつかないリスクです。この果実農園という職業をしている農家さんに対しては、尊敬しかありません。

山梨県産 スイートネクタリン

ねっとりとした食感と甘さは格別。桃と同じくらいの大玉で、果肉もしっかりしていて身崩れしにくく、酸味も甘味も十分にあるバランスのとれた美味しさです。

<予約受付中!7月中旬から出荷予定>

ネクタリン 大玉 2kg(7~9玉)
PRICE:3,480円
STOREで購入

吉田農園

ネクタリンは樹勢が強く、こんな大きな木になってしまいます。不安定な脚立に登って、一玉ひと玉手の感触を頼りにかごに採ってゆきます。普通の桃の木はこんなに大きくないので、脚立もこんなに高いものは使わないのですが、身長の高い丹澤さんでさえ一番高い部分に登ります。若いうちはいいですが、年を取ったら難しい仕事です。そして柔らかい桃はそっと収穫して大事に大事に扱わないと商品になりません。

かごリレーネクタリン

産直の桃は高く見えるかもしれません。でも仕事を目の前で見ていると、おいしい桃を食べる為には、決して高くないと思えます。産地直送の果物は、収穫してから直接農家さんが発送するので、新鮮かつ完熟に近いものが届けられます。また農家さん自ら直送するので責任感が違います。美味しい桃と自ら判断したものをお届けすることができるのです。

1年間を通した作物に対する愛情と、長年培われた経験と実績の証がつまった桃です。今を逃すと来年まで会うことはできません。

LATEST STORIES

若手職人の絶望日記 第二話「ガンダーラの職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
勝沼ぶどう農園レポート
日本屈指のぶどうの産地・山梨県勝沼から農園の様子をお伝えします
山梨で出会った珍しい桃
山梨で出会った珍しい品種の桃から見る果実農園の現状とは
春から夏の日本のみかん
新品種の高級柑橘が台頭するなか、昔から愛されている日本のみかん
若手職人の絶望日記 第一話「職人の覚悟」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
風に舞うリネン
仕立て屋が綴る、新しい季節のはじまりを告げるエッセイ
竹かごを編む人々
"竹の町”広島県竹原市に根付く伝統的な竹かご作りを体験
マリーと行く Hello!TOKYO 喫茶の旅
80年代から飛び出してきたマリーと東京のディープなレトロ喫茶を巡る
うちわ / お茶 / お菓子 / ご当地グルメ / キャンプ / グリーンウッドワーク / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外