ボロシリケイトガラス

群馬県みなかみにある、ボロシリケイトガラス工房Taiga Glassの店主である畠山太雅氏(呼称タイガさん)とは、ガラスを習ったことがきっかけで、かれこれ、もう1年半ほどの付き合いになる。

タイガさん夫婦が、2008年に群馬県みなかみでTaiga Glass工房を開いてから、今年で12年目。タイガさんのつくったボロシリケイトガラスの作品に、訪れたお客さんは「惹きこまれて目が離せない」と口をそろえる。彼のつくるガラス作品が人を魅了してやまないのはなぜか、その理由を探るためタイガさんにお話を伺った。

Taiga Glass ペンダント

ボロシリケイトガラスとは?

そもそも「ボロシリケイトガラス」ということばに、聞き覚えがない人も多いのではないだろうか?

ボロシリケイトガラスとは、ガラスの中でも透明度が高く、熱への耐性や強度に優れた種類のガラス。耐久性の高さにより、従来からビーカーなどの理化学実験器具や、料理用の保存容器などの道具として長く利用されてきた。

2000年代に入ってからは、ボロシリケイトガラスの軽さや割れにくさがアクセサリーなどの装飾品づくりに合うとして、芸術方面からも知られるようになる。

アメリカを中心に、日本でもボロシリケイトガラスを道具ではなく、装飾品やアート作品としてとらえる動きが広がりをみせている。

装飾品としてのボロシリケイトガラスは、ペンダントトップ、イヤリング、指輪、置物などを中心に、作家のアイデアひとつでさまざま。

色ガラスの組み合わせや、金や銀などの吹き付けなどにより複雑なデザインを形にすることができるため、作品の仕上がりは職人・作家の色が強く出る。

同じペンダントトップであっても、職人の技量・センスによってできあがる作品に大きな違いが生まれるのがボロシリケイトガラスの特徴だ。

ボロシリケイトガラスの歴史は長いものの、装飾ガラスとしては数十年とまだまだできたてのジャンル。

そんなボロシリケイトガラスに、タイガさんはどのようなきっかけで出会い、みなかみで職人になろうと思ったのだろうか?

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

若き職人がつなぐ手漉き和紙の伝統
紙の町・愛媛県四国中央市で手漉き和紙の技術を継承する多羅富來和紙を訪ねる
若手職人の絶望日記 第十二話「職人、学校祭へ行く」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
伝統をアップデートするKUONの服づくり
日本の伝統文化を感じさせるファッションブランド「KUON」の世界観に迫る
若手職人の絶望日記 第十一話「職人、小屋を借りる」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
孤独も愛する器 erakko ブランドムービー
映像制作独楽とのコラボレーションでerakkoのムービーを制作しました
歴史をつむぐ備後絣
広島県東部の備後地方で生産される備後絣について橘高兄弟商会にお話しを聞いた
若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
150年続く松本箒の今とこれから
江戸時代から続く松本のほうき作りを現代に伝える米澤ほうき工房を訪ねる
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ほうき / イタヤ細工 / ガラス / キャンプ / コーヒー / ファッション / 備前焼 / / 刺し子 / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 書道 / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染織物 / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 畜産農家 / 皮革製品 / 益子焼 / / / / / 組紐 / / 裂き織り / 襤褸 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 陶磁器 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外