ボロシリケイトガラス

群馬県みなかみにある、ボロシリケイトガラス工房Taiga Glassの店主である畠山太雅氏(呼称タイガさん)とは、ガラスを習ったことがきっかけで、かれこれ、もう1年半ほどの付き合いになる。

タイガさん夫婦が、2008年に群馬県みなかみでTaiga Glass工房を開いてから、今年で12年目。タイガさんのつくったボロシリケイトガラスの作品に、訪れたお客さんは「惹きこまれて目が離せない」と口をそろえる。彼のつくるガラス作品が人を魅了してやまないのはなぜか、その理由を探るためタイガさんにお話を伺った。

テキスト:森山芳衣

広告代理店勤務を経て、フリーの編集者・記者として独立。東京と群馬県みなかみ町で二拠点生活をしながら、藻の化石を組み合わせたガラスづくりをライフワークにしている。

Taiga Glass ペンダント

ボロシリケイトガラスとは?

そもそも「ボロシリケイトガラス」ということばに、聞き覚えがない人も多いのではないだろうか?

ボロシリケイトガラスとは、ガラスの中でも透明度が高く、熱への耐性や強度に優れた種類のガラス。耐久性の高さにより、従来からビーカーなどの理化学実験器具や、料理用の保存容器などの道具として長く利用されてきた。

2000年代に入ってからは、ボロシリケイトガラスの軽さや割れにくさがアクセサリーなどの装飾品づくりに合うとして、芸術方面からも知られるようになる。

アメリカを中心に、日本でもボロシリケイトガラスを道具ではなく、装飾品やアート作品としてとらえる動きが広がりをみせている。

装飾品としてのボロシリケイトガラスは、ペンダントトップ、イヤリング、指輪、置物などを中心に、作家のアイデアひとつでさまざま。

色ガラスの組み合わせや、金や銀などの吹き付けなどにより複雑なデザインを形にすることができるため、作品の仕上がりは職人・作家の色が強く出る。

同じペンダントトップであっても、職人の技量・センスによってできあがる作品に大きな違いが生まれるのがボロシリケイトガラスの特徴だ。

ボロシリケイトガラスの歴史は長いものの、装飾ガラスとしては数十年とまだまだできたてのジャンル。

そんなボロシリケイトガラスに、タイガさんはどのようなきっかけで出会い、みなかみで職人になろうと思ったのだろうか?

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

若手職人の絶望日記 第六話「職人、燕三条へ」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
坂城のねずみ大根 収穫編
長野県坂城町の伝統野菜「ねずみ大根」の種まきから収穫まで徹底取材しました
繋いで伝える郷土料理ノート「石垣もち」
庶民のおやつとして大分県全域で親しまれている郷土料理
坂城のねずみ大根 種まき編
長野県坂城町の伝統野菜「ねずみ大根」の種まきから収穫まで徹底取材しました
秋田の暮らしを今に伝えるイタヤ細工
豪雪地で生まれた農家の手仕事
若手職人の絶望日記 第五話「手作り市と職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
櫛の歴史をたどって(大阪府泉州/つげ櫛)
わが国最古の櫛産地として1500年の歴史をもつ大阪府貝塚を訪れる
タラモアの露を追い求めて
村上春樹に導かれて旅したアイルランドの夏
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / / 木工 / 木櫛 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 鹿児島県 / 海外