畠山太雅

ボロシリケイトガラスとの出会い

タイガさんがボロシリケイトガラスづくりをはじめたのは、23歳の頃。

高崎市内の服屋さんに置いてあるボロシリケイトガラスのペンダントを見かけ、その場で「つくりたい」と強く思ったのだそう。

その背景には、バックカントリーで訪れたネパールでのガラスとの出会いがある。

「若い頃はバックカントリーに熱中していて、冬になると毎年山にこもってはバックカントリーを繰り返していました。

22歳の冬、ヒマラヤの氷河でバックカントリーをするため、ネパールにしばらく滞在していた時のこと。カトマンズの街中をフラフラしていると、ショーウィンド越しにズラ~と並んだ、色とりどりのガラスパイプが目に飛び込んできて、うおーってもう興奮。

数百個にも及ぶ数のガラスパイプが並んでいて、いつまでたっても見るのにあきなくて。気づいたら、毎日そこに足を運んで、キラキラしたガラスを夢中で眺めていました。」

ネパールで出会ったこのガラスパイプが、実は、ボロシリケイトガラス。帰国してからも、ボロシリケイトガラスに惹かれた気持ちが忘れられず、高崎でボロシリケイトガラスのペンダントを見た時に「これしかない。絶対やろう」と即決したのだそう。

ガラス職人の道へ

「その頃はまだ、インターネットが普及しておらず、どうやって作り方を学べばいいのか全くわからずで…つくっている人も自分では見つけられませんでした。

そこで、ペンダントを販売していた服屋さんに相談してみたところ、千葉の柏にあるガラス工房を勧められ、そこでボロシリケイトガラスの講習を受けることにしました。」

タイガさんは、1ヶ月間のボロシリケイトガラスコースを受講し、週末以外ほとんど缶詰状態で工房に通いつめ、ガラスづくりの肝となる技術を習得した。

千葉に滞在中は、車の中で寝泊まりをして生活し、夜中になると不安から「本当に大丈夫なのだろうか」と考えることも少なくなかったという。

「ガラス工房でのコースを修了した後は、高知の自宅にボロシリケイトガラスの設備を導入して修練を続けました。

ラフティングガイドの仕事をメインに、ある程度の作品ができた時は、ラフティングガイド仲間に1000円~2000円程度で売りはじめて。そのうち、路上販売やイベントに出店するようになり、お店に置いてもらえるなど高知で販路ができていきました。」

2007年には、高知市で開催した初の個展も大盛況に終わり、自身で切磋琢磨している内に、高知でのボロシリケイトガラス職人としての地位は確かなものになっていた。

みなかみTaiga Glass

みなかみを作品づくりの拠点に

販路がしっかりと開拓できていた高知での暮らしをやめて、タイガさんがここ、みなかみを選んだ理由は、若い頃にみなかみで過ごした経験の影響が大きい。

「高知での生活に不満はありませんでしたが、今後本格的にガラスの仕事をしていく中で、自分の住んでいたところはネット環境が良くなく、不安がありました。また、今後の販路を考えた時に、大阪や東京など都心部に近いところで生活した方がいいよなぁという気持ちがあって。

いろいろと悩んだ末に、地元が前橋市ということもあって、高校卒業後にはじめてラフティングガイドとして過ごした、みなかみを拠点にすることに決めました。その当時の思い出で、色んな友達とわいわいやっていて、なんか楽しかったなっていうのは、すごくあるかもしれないですね。」

タイガさんはガラスを本業にした後も、夏は川で遊び、秋は山登りをし、冬は雪山でスノボを楽しむ。

しかし、高知の川は激流なことで有名で、雪遊びに適した気候でもなかった。これからの人生でも四季を通して自然を楽しむのに、ライフスタイルと合ったということもみなかみを選んだ大きな決め手だろう。

カエデヤマザクラ

人を魅了する繊細なデザイン

タイガさんのボロシリケイトガラスは、ペンダントがメインの作品だ。色とりどりの作品たちは、大胆な色使いやデザインながら、繊細さがあり、洗練した雰囲気を感じさせる。

お店に訪れるお客さんの中には、美術館にいるような感じで、作品を長時間眺める人も少なくない。その目はどの人もきらきらとして、なんだかとても魅了されているようなのだ。

そんなタイガさんのデザイン。すごく綿密に、配色やデザインを図に描き起こし、作品づくりを行っているはず、そうでなければできないはずと思いきや、全くデザイン画はないという。

「ガラスの等分をどれくらいにするか紙に描いてみたりすることはありますが、だいたいつくりたいものや流れをイメージして、そのままつくります。デザイン画にしてとかそういうのはやらないな。

やっていくうちに違うデザインや形のものになっていく場合もあり、思ってもなかったものになったりもします。」

他のガラス作家のデザインに影響され過ぎないように、日頃からタイガさんは、他の人の作品はあまり見ないようにしている。

「そうは言っても、新しい方法とかYoutubeで勉強したり、その中で、このデザインやってみたいなーとか思ったりもするわけなんだけども(笑)」

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

全国シェア9割を誇る「奈良墨」の魅力に迫る
日本最古の製墨会社である奈良県奈良市の古梅園を訪ねました
繋いで伝える郷土料理ノート「深川飯」
かつて東京・深川地区の漁師が食べていた漁師飯であり家庭の味
京扇子を陰で支える高島の扇骨
国内シェアのほとんどを占める滋賀県高島市の伝統工芸「高島扇骨」
手のひらに広がる蜻蛉玉の世界
大阪府泉州地域の伝統的な蜻蛉玉作りを受け継ぐ山月工房を訪ねました
若手職人の絶望日記 第六話「職人、燕三条へ」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
坂城のねずみ大根 収穫編
長野県坂城町の伝統野菜「ねずみ大根」の種まきから収穫まで徹底取材しました
繋いで伝える郷土料理ノート「石垣もち」
庶民のおやつとして大分県全域で親しまれている郷土料理
坂城のねずみ大根 種まき編
長野県坂城町の伝統野菜「ねずみ大根」の種まきから収穫まで徹底取材しました
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 木工 / 木櫛 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 蜻蛉玉 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 鹿児島県 / 海外