木工旋盤

パリ娘からの返事と、独自調査した結果を合わせてみるとこういう事だった。

日本の入国審査は厳しく、長期滞在用のビザとなるとなおさらであるらしい。渡航者側が他国から日本へ滞在ビザ発行の申請をすると、数か月待たされる事もある。

一方、入国希望者に代わって日本から受入れ側が申請をするとスムーズだ。必要書類が揃って安全と判断されれば2週間ほどでビザが発行されるのだとか。

なるほど。日本からビザを取得した方が確実だという事は納得せざるを得ない。しかしなんだこの敗北感は。したたかな西洋人にまんまと後出しジャンケンを決められているではないか。

日本人がこんなにも扱いやすい民族であっていいのか。いや、あっていいはずがない。今こそ西洋の若者にサムライの末裔の意地とプライドを見せつけるべきではないか。不意打ちの後出しジャンケンを華麗にかわし、「インターン受け入れるのやっぱやめました。」と秘剣・前言撤回を放つことも考えた。

だが私はビザの代理取得を無言で受け入れた。おそらく私の先祖はサムライなどではなく、理不尽をも飲み込んで愚直に畑を耕してきた農民だったのだろう。

エアメール

とはいえ腰が重い。明日やろうが積み重なって3か月が経過した頃からパリ娘の矢の催促と、それをなだめすかすウソとの応酬が始まったのだ。

いよいよパリ娘の単位取得が危ぶまれるのではというプレッシャーからようやく重い腰を上げる。一般的には書類作成のプロである行政書士が担うとも言われる長期滞在ビザの取得をはじめた。入国管理局に通い書類のダメ出しを受けること数回。七月某日にパリ娘の滞在ビザが自宅に郵送されてきた。

送られてきたビザをフランスのパリ娘に送ってやれば私の仕事は完了である。あとはパリ娘がフランスで手続きをして日本にやってくるだけだ。

海外に知人のいない私は、国際郵便を送ることも初めてだ。エアメールというやつではないか。赤・青・白の斜線でフチ取られたあの封筒で送るやつではないか。なんだかグローバルな人間にでもなったみたいで気分が高揚する。

意気揚々と郵便局に出かけた私は窓口で、「国際郵便を出したいので、あの三色でフチ取られた封筒が欲しいのですが。」と切り出す。すると窓口担当者が、「どんな封筒でも出せますよ。」と無表情で応える。

衝撃の事実を告げられて動揺してしまったが、持ち前の明晰さで瞬時に気持ちを整理して立て直す。これは国際郵便が出せるのか出せないのかという問題ではないのだ。私は、あのいかにもエアメール然とした封筒でもって、グローバル人材としての気分を味わいたいのだ。

だが私は、「あの封筒で出したいんや!いいから持ってこい!」と、素直に主張する事を恥じらった。そして平静を装い、「あ、そうですか。」とだけ言い残して自ら背を向ける結果に終わる。やはり私には、我こそが正義だと信念を貫くサムライの血は通っていなかったらしい。

一度帰宅してから、ビザ発行許可証を薄っぺらい茶封筒に入れて郵便局に持ち込んだ。あの頼りない封筒は無事にパリ娘へと届くのだろうか。

次回、パリ娘が京都へとやってきます。お楽しみに。

イラスト:SORRY.

和菓子好きイラストレーター。デザイン会社での経験を経て、現在はフリーランスとして活動中。ショップやラジオ番組のロゴデザイン、雑誌の挿絵などを制作。

INSTAGRAM

写真:其田有輝也

カエデヤマザクラケヤキフォールナット

erakko おとも椀

erakkoは、京都・山科に工房を構える柴田漆工房の二代目が旅の道具を作りたいと立ち上げたブランドです。木地作りから漆塗り仕上げまで、全ての工程を自社で行っています。

旅やキャンプなど、アウトドアで過ごす大切な時間に天然素材のうつわでおともしたい。そんな気持ちから生まれたのがerakkoのおとも椀です。天然素材である木と漆を味わうだけでなく、アウトドアで使うための工夫を施した本格派の作りになっています。

カエデ、ケヤキ、ヤマザクラ、ウォールナットなど、おとも椀の木地には様々な樹種を使用しており、それぞれがもつ個性を引き出すことにもこだわっています。木肌の色や木目を活かすため、拭き漆に使用する漆は樹種ごとに使い分けています。

おとも椀には、高台(こうだい)といわれる底の立ち上がりがありません。野外での使用を考え、重心を低くして転びにくくするためです。これ以上ないシンプルさと、ふんわりしたやさしい丸みで、いつまでも両手で包み込んでいたくなるお椀です。

erakko おとも椀を購入する

旅やキャンプなど、アウトドアで過ごす大切な時間に天然素材のうつわでおともしたい。そんな気持ちから生まれた木と漆のお椀です。樹種はカエデ、ケヤキ、ヤマザクラ、ウォールナットの4種類からお選びいただけます。

生産地:京都府
サイズ:Φ110×H55
仕上:拭き漆
付属品:風呂敷(むす美 / 日本製)

STOREで購入

COMMENTS

LATEST STORIES

若手職人の絶望日記 第九話「漆芸の洗礼」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
繋いで伝える郷土料理ノート「いもみそ」
里芋の産地・新潟県五泉市に伝わる郷土料理
時代をこえて信州に息づく松代焼
江戸時代に始まり一度は途絶えた松代焼について唐木田伊三男さんにお話しを聞く
繋いで伝える郷土料理ノート「ずんだ餅」
枝豆の美しい緑色と風味を楽しむ宮城県の郷土料理
若手職人の絶望日記 第八話「パリ娘と金継ぎ」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
繋いで伝える郷土料理ノート「冷や汁」
宮崎県の平野部で暑い夏に食されてきた郷土料理
若手職人の絶望日記 第七話「職人とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
全国シェア9割を誇る「奈良墨」の魅力に迫る
日本最古の製墨会社である奈良県奈良市の古梅園を訪ねました
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / イタヤ細工 / イベント / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 蜻蛉玉 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外