梅干し

しっかり酸っぱい梅干し

じっと見ていると条件反射でじわっと口の中が湿ってくるのは、中年以降の方でしょうか。近頃の梅干しはみんな甘いし、調味料のような味付けがされていて、ものすごく食べやすい。ですからこの写真を見ても、酸っぱそうに思わないかもしれません。

しかしこちらの梅干し、今では少なくなった、しっかり酸っぱい梅干しです。体を動かすためのエネルギーを生成するクエン酸回路の中心的役割を持つクエン酸が豊富に含まれています。かつ塩分は控えめ。それが農園主岡田さんのこだわりです。

岡田さん

梅干しの産地といえば和歌山県。では第2位は?というと、ほとんどの方が答えられない。知る人ぞ知る群馬県なのです。さらに細かく市単位で見ると、高崎市は全国で3位となります。軽井沢方面に向かう途中にある昔の地名で榛名町あたりは梅園が広がる地域です。

今回は、この榛名の地で梅園を営む岡田農園さんを訪ねました。岡田さんの農園は、祖父の代より受け継がれている園地。父親から園を引き継ぎ、一人で土を作り、剪定をして肥料をやり、収穫。梅干しその他加工品の製造、そして催事での販売まで一人でこなすスーパーウーマンです。

梅園梅園

梅園の仕事は重労働

見えますかね、梅の枝がたくさん落ちています。岡田さんが一人で切り落とした枝。これらを集めて、一か所で燃やすのだそうです。太い枝はチェーンソーでぶった切る。梅の木は樹勢が強いので毎年ぐんぐん枝を伸ばす。でも伸びすぎた枝にはいい実はならず養分だけ奪っていくのです。

だから花が咲く前に切る。父親から正式にやり方を教わったわけではないけれど、見て覚え、仲間に教えてもらったり助けてもらったりで覚えていった。切るのはまだいいけれど、この枝を集めて処分するのが大変。太い枝は一つ数キロはありますから、持ち上げるだけでも腰にきますし、腕力も必要です。

奥に見えるブルーの塊はネットです。梅の収穫はこのブルーネットを農園全体に敷き詰め、自ら落下した完熟梅を収穫するのです。収穫時期になると、毎朝農園を歩き回り、落ちた直後の梅を拾い集めて梅干しを作るのです。女性の岡田さんにとっては、かなりの重労働。「いつ辞めてもいいんだけどね」「お客さんがこの梅干しおいしいねって言ってくれるから辞められないのよ」と話しておられました。

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

櫛の歴史をたどって(大阪府泉州/つげ櫛)
わが国最古の櫛産地として1500年の歴史をもつ大阪府貝塚を訪れる
タラモアの露を追い求めて
村上春樹に導かれて旅したアイルランドの夏
消えゆく日本の伝統筆
今まさに途絶えようとしている日本の伝統筆について水彩画家が語る
雄勝の硯職人
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町の硯職人を訪ねました
出雲手仕事めぐり
民藝の文化が根付く島根県出雲地方の手仕事を巡りました
寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー
アイルランドの水上飛行場で生まれたコーヒーカクテル
茨城の栗と落花生
秋の味覚を求めて茨城県笠間の栗農園を訪ねました
榛名の梅園
知られざる梅の産地で、昔ながらの酸っぱい梅干し作りを見学しました
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / / 木工 / 木櫛 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外