梅干し

しっかり酸っぱい梅干し

じっと見ていると条件反射でじわっと口の中が湿ってくるのは、中年以降の方でしょうか。近頃の梅干しはみんな甘いし、調味料のような味付けがされていて、ものすごく食べやすい。ですからこの写真を見ても、酸っぱそうに思わないかもしれません。

しかしこちらの梅干し、今では少なくなった、しっかり酸っぱい梅干しです。体を動かすためのエネルギーを生成するクエン酸回路の中心的役割を持つクエン酸が豊富に含まれています。かつ塩分は控えめ。それが農園主岡田さんのこだわりです。

岡田さん

梅干しの産地といえば和歌山県。では第2位は?というと、ほとんどの方が答えられない。知る人ぞ知る群馬県なのです。さらに細かく市単位で見ると、高崎市は全国で3位となります。軽井沢方面に向かう途中にある昔の地名で榛名町あたりは梅園が広がる地域です。

今回は、この榛名の地で梅園を営む岡田農園さんを訪ねました。岡田さんの農園は、祖父の代より受け継がれている園地。父親から園を引き継ぎ、一人で土を作り、剪定をして肥料をやり、収穫。梅干しその他加工品の製造、そして催事での販売まで一人でこなすスーパーウーマンです。

梅園梅園

梅園の仕事は重労働

見えますかね、梅の枝がたくさん落ちています。岡田さんが一人で切り落とした枝。これらを集めて、一か所で燃やすのだそうです。太い枝はチェーンソーでぶった切る。梅の木は樹勢が強いので毎年ぐんぐん枝を伸ばす。でも伸びすぎた枝にはいい実はならず養分だけ奪っていくのです。

だから花が咲く前に切る。父親から正式にやり方を教わったわけではないけれど、見て覚え、仲間に教えてもらったり助けてもらったりで覚えていった。切るのはまだいいけれど、この枝を集めて処分するのが大変。太い枝は一つ数キロはありますから、持ち上げるだけでも腰にきますし、腕力も必要です。

奥に見えるブルーの塊はネットです。梅の収穫はこのブルーネットを農園全体に敷き詰め、自ら落下した完熟梅を収穫するのです。収穫時期になると、毎朝農園を歩き回り、落ちた直後の梅を拾い集めて梅干しを作るのです。女性の岡田さんにとっては、かなりの重労働。「いつ辞めてもいいんだけどね」「お客さんがこの梅干しおいしいねって言ってくれるから辞められないのよ」と話しておられました。

白加賀

様々な品種の梅

こちらの梅の主な品種は、大きい親梅は白加賀。白加賀という品種は江戸時代から栽培されており、生産量の多い梅です。全国で作ってはいますが、主な産地は関東地方です。和歌山で有名な南高梅と同様、実の粒は大きく、陽光に当たった面は熟すとともに紅を差してきます。果肉は緻密で肉厚ながら繊維が少ないので、梅干しに適している品種なのです。

園に植わっている他の品種は、特大品種というのもあって、高田梅、紅の舞という名前だそうです。逆に小さな梅もあります。小梅干しに使う梅は、織姫というのが主品種です。他にも竜峡小梅(カリカリ梅用の小粒の品種)なんていうのも植わっているらしいです。

モグラの穴

もぐらの穴

農園の土にはミミズがいっぱいいます。「肥料やってるからね」「今年は牛糞かな。去年は違う肥料やった」と独自の考えで土づくりを実践。そのおかげで土の中には微生物がいっぱいいるようです。だからそれを餌にするミミズもいっぱいいます。するとミミズが主食のもぐらの穴が至る所にできることになります。

岡田さんはなんせ一人で農園の管理から梅関連商品の製造、販売まで行っています。こだわりの梅製品の筆頭が梅干し。他に梅酢・梅シロップ・梅みそ、究極のものは、青梅を真黒くなるまで煮込んだ梅エキスというものも製造しています。昔、お腹が痛くなると、親が白湯に茶さじ一杯程度を溶かして飲ませてくれました。殺菌作用が強いといわれているものです。

ハウスパレット

さて、今回の文章の最初に申しましたとおり、岡田さんの梅干しは、酸っぱくてしょっぱ過ぎない。そして梅本来の素材の味が生きています。つまり下手な味付けがされていないのです。こちらは、仲間に頼んで作ってもらった梅干しの製造現場、梅を干すハウス内部です。

普通の梅干しは15%ほどの塩で漬けています。それを一度塩抜きをして、味付けをしています。それはそれで美味しいです(旨味調味料で味付けされているのですから)。でも塩抜きをすると、梅にあるクエン酸もある程度抜けてしまい、梅本来の味ではなくなってしまいます。

岡田さんの梅干しの特徴は、秘伝の方法で最初から8%の塩で漬けて仕上げまでするので、一切塩抜きしていません。梅の成分そのまま、味もそのままなんです。だからここの梅干しは、素朴で飽きがこない味だし、しっかり酸っぱいのです。

(取材日:2020年2月上旬)

榛名の梅干し 親梅 減塩7%

樹上で完全に熟した梅だけを使った梅干しです。秘伝の方法で、塩抜きせずに最初から7%の減塩で仕上げているため、梅本来の味を十二分に味わえます。

生産地:群馬県
内容量:900g
PRICE:4,000円
STOREで購入

LATEST STORIES

榛名の梅園
知られざる梅の産地で、昔ながらの酸っぱい梅干し作りを見学しました
シェットランドのピート掘り
ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
MOVIE STORIES うやま工房(房州うちわ)
南房総で受け継がれる房州うちわ。伝統のバトンが渡されるとき。
山形さくらんぼ農園めぐり
家族総出で出荷作業に追われる山形県のさくらんぼ農園にお邪魔しました
ブロックプリントに魅せられて
西インドの染色工房に単身乗り込んだ日本人女性のブロックプリンター
越後平野の米問屋
お米の美味しさを知り尽くした、お米マイスターの精米工場を見学
ボロシリケイトガラスの世界
見るものを魅了するガラス職人・畠山太雅さんの作品づくりとは
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外