室

近年、人々の買い物の仕方が変わってきているという。すこし前までは、100円ショップで日用品や雑貨を買い揃え、ファストファッションブランドは人々でごった返していた。しかし現在、そんな熱病のような消費行動は、すこしクールダウンしているようだ。

最近の若者たちは買い物自体をしなくなったというし、本当に欲しい物しか買わないそうだ。シンプルライフやロングライフデザインなんていう言葉もよく耳にする。

特に顕著だと思うのが、いわゆる民芸品や工芸品などの手仕事の商品が注目されていることだ。雑誌では度々、民藝や伝統工芸の特集が組まれ、よほど反応がよいのか、別冊が出されたりしている。

東京のセレクトショップでも、アクセサリーや雑貨類と一緒に、さりげなく器が並ぶ。伝統的な模様や素材感が若者たちの目には、逆に新鮮に映るのか、けっこう手に取って見ている人も多い。

しかし、その並びに漆器を目にすることは少ない。たまに見かけたとしても、売り場の中で置物と化してしまっている場合がほとんど。確かに漆の商品は、値段もそれなりにするし、手入れもめんどうそうなイメージがあり、躊躇されてしまうのかもしれない。

今回は、そんな漆器について紹介したいと思う。取材に行ったのは、香川県の高松市で代々、漆器を作っている老舗の工房。実は、香川はメジャーではないが、古くから漆器産業が盛んで、独自の技法や特色を持つ面白い産地なのだ。

研磨箸

今回お話を聞かせていただいたのは、高松市に工房を構える中田漆木の中田大輔さん。中田漆木は、戦前に大輔さんのおじいさんが丁稚奉公からはじめ、それから約80年続く老舗の漆器屋だ。

昔から香川にはOEMで製作を請け負う漆器屋が多かった。特に座卓に関しては、日本の家庭にあった座卓(こたつも含めて)のほとんどが香川で作られていたといっても過言ではない。そのため、表に名前は出ないものの、漆器の生産量が日本で一番だった時期もあるほどだ。まさに日本の漆器産業を影で支えてきた土地だといえる。

しかし、バブルが終わる90年代はじめには、他の産地と同様に下請けの仕事が減ってしまう。その頃から中田漆木ではオリジナル商品の製作を本格的にはじめた。大輔さんの父親は、もともと職人であり、公募展やグループ展に作品を出すクラフトの作家でもあった。

塗り色漆室

現在の中田漆木は、大輔さんの父親と弟さんがオールラウンドに全ての作業をこなし、長男の大輔さんが下作業や販売・営業を担当。大輔さんの奥さんが上塗りや絵付けをしている。昔から家族を中心に製作を行ってきた。香川では他の漆器屋も同じような家内工業が多いそうだ。

中田漆木の商品は、お箸を見ても分かる通り、豊富な絵柄が特徴で、ポップでかわいらしいデザインが魅力だ。他の産地の漆器は、朱と黒の2色を使うことが多いが、香川では江戸時代から、朱と黒に加えて青、黄、緑の色漆が使われてきた。さらに戦後になると、チタニウム顔料の白い漆が開発されて、それを利用して淡いペールトーンの色合いまで表現できるようになった。

中田漆木の商品後藤塗象谷塗

また讃岐伝統の技法で朱漆を塗る「後藤塗」や、マコモ(水辺に群生する植物)を生漆で打ち込む「象谷塗」など、香川漆器ならではの塗り方もある。「後藤塗」と「象谷塗」はどちらも、しっくりと落ち着いた質感で、使うほどに味わいが増していく、普段使いにはもってこいの漆器だ。

ちなみに、漆器の取り扱い方法については、そこまで神経質になる必要はないと思う。使用後は普通の食器用洗剤を使い、ぬるま湯で手洗いし、直射日光の当たらない湿度の低い場所で保管する。漆は使えば使うほど発色がよくなり、日常的に使うことで漆の湿度が保たれるので長持ちする。もし漆が剥がれてしまったら修理だってできる。

中田漆木の商品を購入

高松市で三代にわたって漆器作りをしている老舗の工房。色漆で可愛らしい絵柄が描かれたお箸や、香川の伝統技法で塗られた器、地場素材を取り入れた製品など、様々な漆器を手がけています。

STOREで購入

庵治漆庵治漆庵治漆

香川は漆器の他にも、庵治石や讃岐竹などの産地としても有名だ。中田漆木では、そんな地場の素材を取り入れた商品作りにも積極的に取り組んでいる。庵治石に漆を塗ることは、以前から行われていたが、中田漆木はプロダクトデザイナーとコラボレーションすることで、現代人のライフスタイルにフィットする製品を生み出すことに成功している。

全国各地で伝統工芸の職人は減少しているが、香川では特に木地師(ろくろで木材から器を削り出す職人)が少なくなっているそうだ。それもバブルの時代に職人を育てることをせずに、搾取してしまったせいだという。また原材料の価格高騰も大きな問題だ。国産漆はもちろん、中国産の漆も減ってきており価格が上がり続けている。

これからは地元で職人を育て、地元産の漆を使って、商品が作れるようにしたいと大輔さんは話す。現在、NPO法人が中心になって香川県内で漆の木を植樹しているが、実際に漆が採れるようになるのはまだまだ先。香川が、これから先も産地として残っていけるように、時間はかかるが、取り組みはすでにはじまっている。

庵治漆 -AJIURUSHI

香川県の伝統的工芸品である漆器と庵治石を融合した庵治漆は、木製の漆器とは異なり石で出来ているため、温度、湿気、乾燥などによる影響がなく、湯煎して温めたり、冷蔵庫で冷やして使える珍しい漆器です。

STOREで購入

LATEST STORIES

秋の味覚、栗を美味しく食べるには
茨城の栗農園で教わった旬の栗をおいしく食べるノウハウ
若手職人の絶望日記 第二話「ガンダーラの職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
勝沼ぶどう農園レポート
日本屈指のぶどうの産地・山梨県勝沼から農園の様子をお伝えします
山梨で出会った珍しい桃
山梨で出会った珍しい品種の桃から見る果実農園の現状とは
春から夏の日本のみかん
新品種の高級柑橘が台頭するなか、昔から愛されている日本のみかん
若手職人の絶望日記 第一話「職人の覚悟」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
風に舞うリネン
仕立て屋が綴る、新しい季節のはじまりを告げるエッセイ
竹かごを編む人々
"竹の町”広島県竹原市に根付く伝統的な竹かご作りを体験
うちわ / お茶 / お菓子 / ご当地グルメ / キャンプ / グリーンウッドワーク / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / 竹細工 / / 組紐 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外