古くから日本の夏を彩ってきた「うちわ」。
千葉県の房州うちわは、香川県の丸亀、京都と並び、
日本三大うちわの一つに数えられている。
房州うちわの名人と呼ばれた
うやま工房の宇山正男さんが2017年に他界し、
その伝統は二代目のまゆみさんに受け継がれた。
今回は、映像制作独楽とのコラボレーションで
伝統のバトンが渡された瞬間を映像で捉えた。

MOVIE by EIZOUSEISAKU KOMA

房州うちわ

関東でうちわ作りがはじまったのは江戸時代。当時房州はうちわの材料となる竹を送る産地でした。明治時代に房州でのうちわ作りがはじまり、やがて安房郡の一大物産として生産されるようになりました。持ち手の柄が丸く、立体的な半円状の「窓」が、房州うちわの最大の特徴です。他の産地のうちわと比べ工程数が多く、全ての作業をこなせる職人は非常に少ないといいます。

うやま工房

うちわ屋に勤めていた宇山正男さんが定年して60歳の時にうやま工房を立ち上げました。その後、2017年に亡くなるまでの27年間、生涯現役で房州うちわ作りに向き合います。中国産の竹を使う工房が増える中、正男さんは質の良い地場の房州女竹を使うことにこだわり、21工程ある全ての作業を一人で行える数少ない職人でした。そのスピリットと技は二代目のまゆみさんに受け継がれています。

(取材日:2020年2月12日)

映像制作独楽

映像作家の高地寛の個人プロダクション。企画・制作・撮影・監督・編集を、主にワンオペレーションで行い、質の高い映像を作ることを得意としている。

制作するジャンルはドキュメンタリーをベースにした職人映像や大手から中小企業のプロモーション映像、行政の移住促進映像、ミュージックビデオやアート関係のイメージ映像など幅広い。

「つくること・表現すること・時間をかけること」をテーマにした映像メディアサイト「ALL IS YOUR LIFE」も運営。

映像制作独楽

ALL IS YOUR LIFE

房州うちわを購入する

TABITOTE STORE IOGIにて、うやま工房の房州うちわを販売しております。

TABITOTE STORE IOGI

COMMENTS

LATEST STORIES

消えゆく日本の伝統筆
今まさに途絶えようとしている日本の伝統筆について水彩画家が語る
雄勝の硯職人
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市雄勝町の硯職人を訪ねました
出雲手仕事めぐり
民藝の文化が根付く島根県出雲地方の手仕事を巡りました
寒い冬に飲みたいアイリッシュコーヒー
アイルランドの水上飛行場で生まれたコーヒーカクテル
茨城の栗と落花生
秋の味覚を求めて茨城県笠間の栗農園を訪ねました
榛名の梅園
知られざる梅の産地で、昔ながらの酸っぱい梅干し作りを見学しました
シェットランドのピート掘り
ある夏の日の想い出、スコッチウィスキーを片手に
若手職人の絶望日記 第四話「クラファンに挑む職人」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ガラス / キャンプ / グリーンウッドワーク / コーヒー / テキスタイル / ファッション / 備前焼 / / 和紙 / 喫茶店 / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / / 木工 / 果物 / 染物 / / / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 焼き物 / 牛肉 / 畜産農家 / 益子焼 / / / / 竹細工 / / / 組紐 / 美術 / 豚肉 / 農家 / 郷土料理 / 金継ぎ / 革製品 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 新潟県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 兵庫県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 鹿児島県 / 海外