柴田明

フランスの工芸学校に通うパリ娘が、我が漆工房にてインターンシップ生として学び始めた。日本語での会話は出来ないものの、英語でどうにかコミュニケーションをとる事が出来ている。彼女が取り組むことになった金継ぎという技術や工程は、前回の記事でご紹介した通りである。

金継ぎの練習として、こちらで用意した陶器や磁器を壊してはくっつけ、壊してはくっつける日々を送る。さすが工芸学校で塗装技術を専攻しているだけあってパリ娘は手が早い。

しかし、自ら壊しては修復する事の繰り返しというのはいかがなものか。とある流刑地では穴を掘らされ、埋め戻すことをひたすら繰り返させられる拷問があり、発狂する者もいたという。

技術習得のためとはいえ、パリ娘が発狂しては困るので修行を始めて1ヶ月ほどで金継ぎの仕事を募集する事にした。私の友人の同僚という方から割れたコップの修復依頼をもらい、二人で受け取りに行く。

大切な器を自分で預かって修復して納めることはプレッシャーだろうが、美しく仕上げる責任感とやる気にも繋がることだろう。

テキスト:柴田明(erakko)

京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きています。アウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動中。

erakko公式サイト

金継ぎ

全てが順調と思われていたその時、パリ娘に漆を扱う者の宿命ともいうべき試練が訪れる。それは私も苦しんだ「漆かぶれ」である。

この漆かぶれがもたらす痒みは猛烈で、ひどくなってくると蚊に刺された時のそれをはるかに凌駕する。そして厄介な事に、漆かぶれは掻けば掻くほどその痒みの強さも範囲も広がっていく。もっとも辛いのは夜で、痒みに悶える悪夢にうなされ、寝ているのか起きているのかもわからない状態が朝まで続く。

治す方法はただ一つ。「掻きむしらない」というシンプルなものなのだが、これが苦しいのだ。痒みが我慢できなくなったら、掻かずに刺激を与えて痒みを抑えるしかない。患部に熱湯シャワーやドライヤーの熱風をあてる事などが具体策となる。

これが結構な快感でもある。我慢していた痒みが強い刺激とともに一気に解放されるのだからたまらない。私が漆を扱い始めて間もなかった頃、ひどくかぶれた股間付近に熱湯シャワーをあてた快感に放心し、思わず失禁してしまった事は誰にも内緒である。

次のページに続く)

COMMENTS

LATEST STORIES

若き職人がつなぐ手漉き和紙の伝統
紙の町・愛媛県四国中央市で手漉き和紙の技術を継承する多羅富來和紙を訪ねる
若手職人の絶望日記 第十二話「職人、学校祭へ行く」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
伝統をアップデートするKUONの服づくり
日本の伝統文化を感じさせるファッションブランド「KUON」の世界観に迫る
若手職人の絶望日記 第十一話「職人、小屋を借りる」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
孤独も愛する器 erakko ブランドムービー
映像制作独楽とのコラボレーションでerakkoのムービーを制作しました
歴史をつむぐ備後絣
広島県東部の備後地方で生産される備後絣について橘高兄弟商会にお話しを聞いた
若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
150年続く松本箒の今とこれから
江戸時代から続く松本のほうき作りを現代に伝える米澤ほうき工房を訪ねる
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ほうき / イタヤ細工 / ガラス / キャンプ / コーヒー / ファッション / 備前焼 / / 刺し子 / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 書道 / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染織物 / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 畜産農家 / 皮革製品 / 益子焼 / / / / / 組紐 / / 裂き織り / 襤褸 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 陶磁器 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外