米澤ほうき工房

365日ほうきと向き合う

販売は催事と一部の店舗のみ。引き合いは多いが、工房での直売や発送は受けていない。そうした作業にまで手が回らないからだ。それよりも一本でも多くのほうきを作ることを選ぶ。

「1年間に一人で作れる数は、500~600本くらいです。一本一本、自分の娘をお嫁に出すような思いで作っています。だから大事にしてくれる人に使ってほしいです」。

3人が家で顔を合わせても、いつもほうきの話。たまにある休日でもいつの間にか3人が工房に集まっている。初めは家業を継ぐことに反対した勝義さんと純子さんも、「忙しくて大変」と言いながらも嬉しそうだ。

資修さんの話からは、大変な作業をも苦にしない、あるいは大変でもその苦労を乗り越える、ほうき作りへの思いと情熱が感じられる。

「以前は『仕事はお金じゃない』なんてセリフはきれいごとだと思っていました。でも、ほうき作りを始めてからは、そう思うようになりました。お客さんからのメッセージが次につながっています」。

松本箒を購入する

TABITOTE STOREで米澤ほうき工房の商品を販売しております。

STOREで購入

資修さん道具資修さん

ほうき作りのこれから

資修さんは厚みのあるがっしりした手で、ほうき作りの一部始終を実演してくれた。穂を束ねるところから始まり、麻糸での編み込み。穂の付け根を固く縛る大締めに、柄の取付け。仕上げに至るまで全ての工程が手作業だ。自然素材のみで作られるほうきは、その一本一本が繊細で美しい。

資修さんには、新しい試みに挑戦する和紙職人や木工職人らの仲間がいる。伝統に現代的な要素を取り入れたり、ジャンルを越えてコラボレーションしたり、その枠にとらわれない。衰退が叫ばれる工芸の世界で、ほうきに限らず視点を変えて眺めてみれば、まだまだ可能性があるのではないか。そう考えるとわくわくする。

協力:米澤ほうき工房

〒399-0701
長野県塩尻市広丘吉田276-28

テキスト・写真:鈴木俊輔

長野県のローカルライター・編集者。東京の出版社勤務を経て、フリーライターに。長野県を拠点に、人の思いを伝えるインタビュー記事を執筆。

COMMENTS

LATEST STORIES

若き職人がつなぐ手漉き和紙の伝統
紙の町・愛媛県四国中央市で手漉き和紙の技術を継承する多羅富來和紙を訪ねる
若手職人の絶望日記 第十二話「職人、学校祭へ行く」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
伝統をアップデートするKUONの服づくり
日本の伝統文化を感じさせるファッションブランド「KUON」の世界観に迫る
若手職人の絶望日記 第十一話「職人、小屋を借りる」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
孤独も愛する器 erakko ブランドムービー
映像制作独楽とのコラボレーションでerakkoのムービーを制作しました
歴史をつむぐ備後絣
広島県東部の備後地方で生産される備後絣について橘高兄弟商会にお話しを聞いた
若手職人の絶望日記 第十話「師匠とパリ娘」
アウトドア漆器ブランド「erakko」を手がける若手職人の絶望と笑いの奮闘記
150年続く松本箒の今とこれから
江戸時代から続く松本のほうき作りを現代に伝える米澤ほうき工房を訪ねる
うちわ / お茶 / お菓子 / お酒 / ご当地グルメ / ほうき / イタヤ細工 / ガラス / キャンプ / コーヒー / ファッション / 備前焼 / / 刺し子 / 和紙 / 喫茶店 / / / 宿泊施設 / / 布志名焼 / 建築 / 扇子 / / 書道 / 木工 / 木櫛 / 松代焼 / 果物 / 染織物 / / 漆器 / 濱田庄司 / 瀬戸焼 / 畜産農家 / 皮革製品 / 益子焼 / / / / / 組紐 / / 裂き織り / 襤褸 / 農家 / 郷土料理 / 野菜 / 金継ぎ / 陶磁器 / 食文化 / 魚介類
北海道 / 青森県 / 秋田県 / 山形県 / 宮城県 / 新潟県 / 群馬県 / 長野県 / 栃木県 / 茨城県 / 千葉県 / 東京都 / 山梨県 / 静岡県 / 岐阜県 / 愛知県 / 京都府 / 奈良県 / 大阪府 / 兵庫県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 香川県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 海外